プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

さてさて、今期の5月の教育分析プログラム1が終わりました。
また、すてきなパーソナル・マンダラができたので、
みなさんにもシェアしますね。

千里

森本

宮本

北澤

安島

今回は、アーティストが多いので、
創造的な作品が多かったね。

教育分析プログラム1は、どういうわけか
毎回、同じテーマの人たちが集まるようで、
今回のテーマは、「母なるもの」でした。

みんなは、母親についてどんな会話があるかな?
母をすごい! と思い、
母のようになりたいと自分のモデルにしたり、
あんな母のようにはなりたくないと思い、
抵抗・反発を繰り返したり…。
母にはかなわない、と思っていたり…。
たくさんの会話があるよね。

私の場合は、前にブログにも書いたけど、
幼少期受け止めてもらった感じがなかったから、
不全感を抱えていたね。

だけど、それが、
人の話を聞き、寄り添うセラピストという職業を
選ぶことになったのだから、
反面教師の母に感謝かな…?

人は、母から生まれ、信頼を学び、
母から分離・自立していくことで一人前になっていく。
そしてまた、自分が母となり、母に還っていく、
そんな永遠のサイクルがあるようだね。

みんなの作品、生き生きとしているでしょ!
大いなる母なるつながりのエネルギーと、
命への感謝を感じると共に、
あたたかく、やさしく、アート表現しているね。
感動!

それでは、またね!
愛をこめて
こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

今回は「アートセラピー・インストラクター・コース」
の受講生の絵を紹介しますね。
山下絹代さん!
私は、彼女の絵を一目見て、
気に入ってしまったよ。

絵は言葉より、ストレートに訴えてくるよ。
まずは、作品を見てね。

山下1

山下2

山下3

山下4

山下5

どうしてこんなに繊細で、やさしいんだろう。
なんで、こんなにみずみずしくて、あったかいんだろう。
負けずに伸びようとする心の底からの情熱を感じるね。
すごいね。
すごいね。

やさしさと繊細さのエネルギーを感じると、
もっともっと微細な生命や光が見えてくる。
花を描いていて、光に変わる絵は
初めてだね。

彼女の絵を通して
生まれた絵たちは
輝きの世界に飛び出すだね。
たのしみ!!

絵と彼女のために
たくさんの応援歌を歌うよ。

絵に興味を持った人は、
次のアドレスをにアクセスしてみてね。
仙人の画(え)
https://majoways.wixsite.com/mysite

それでは、また!
愛を込めて


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

今回も、卒業生の作品だよ。
今回紹介するのは、櫻井敦史さん。
もともとは藍染の染色家で、
藍染の教室を開いたり、展覧会をしている方です。

そして、つい最近、個展を開き、
今回は、「人形制作」の展覧会でした。
まずは、作品を紹介するね。

櫻井(サラリーマン)

櫻井(家族)

櫻井(たばこ)

櫻井(ねこ)

これらの作品に共通するのは、
染色の藍の色かな。
そして、作品の醸し出す何とも言えない哀愁が
感動を呼び起こすね。
いずれも、ほのぼのと暖かさがあり、
何かとてもなつかしさを感じるね。
そして、どこまでも人に寄り添う優しい作品だね。

ちなみに、私は、3番目の
煙草を吸っている作業員風の男が気に入ったね。
何気ない一瞬の表情の中に、
この作業員の物悲しい、やさしい雰囲気、それと同時に、
生きざまも見事に表現されていて圧巻だね。
みんなはどう思った?

最後の、のびをしている猫は、
みんなのあこがれだね。
無防備で、自由でのびやかな姿。
すてき!!

この作品の醸し出す世界を楽しんでね!
それでは、また!
愛を込めて


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

今日も、卒業生の絵を紹介するね。
札幌の飯田直美さんです。
彼女は、大人対象の「ペンで描くスケッチ教室」を開催し、
ほぼ毎年個展を開催していました。

まずは、彼女の絵を紹介しますね。

噴水
「噴水・モエレ沼公園」

海
「冬の北海道小樽祝津漁港」

自転車
「北大構内」


スケッチ教室を開催しているだけあって、
ペンの使い方が生き生きとしていて
魅了されてしまうね。

ペンで描かれたものというと
繊細で細かく緻密なイメージがあるんだけど、
彼女の作品は、大胆で強く、
心の深くまで突き刺してくる何かがあるね。

何でだろう? と思ったら、
彼女の作品には、必ず、強いところ、隠れているところ、
陰になっているところ、強調されているところがあるんだね。
それが、作者の情念を感じさせる迫力になっているという感じかな。

そして、どの作品も明るいね。
後ろ姿だけの人を描いたとしても哀愁ではなく、
暖かさが伝わってくるんだよね。
それが、不思議でならない。

青と白の雪景色の作品にしても、
どうして、こんなに透明で明るく、
雲の上の世界を描いているかのように軽い。
北海道の雪景色は重くて沈んでいるって思っていたけど、
か~~んと、明るいのにびっくり!

風景を描いているんだけど、
心に強烈な印象を残す作品だね。
きっと、彼女が心の深いひだにまで触れるような
生きている線を描いているからだろうね。

彼女のホームぺージは次のアドレスにあります。
ぜひ見てください。
http://www.naomi-art.net/

それでは、またね!
愛を込めて

絵画 仏の道

こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

今回は、卒業生の一人を紹介するね。
名前は、翁長夕貴さん!
彼女は、アーティストとして
モデルやタレント、画家として活躍しています。

彼女は、2才のときから絵を描いていて、
最近は、仏画に移り、お寺で描いたり、
沖縄の神様を描いています。

アーティスト活動のほかもに、
仏画やアートセラピーを取り入れた絵画教室や
神様図鑑など絵本も作ることを考えているんだよ。

「神様図鑑」って、ユニークでおもしろいね。
おそらく、彼女が沖縄出身で、心や魂といった
沖縄の伝統に支えられてきたところがあるのでしょう。

では、彼女の仏画を紹介するね。

翁長1

翁長2

翁長3

翁長4

モダンな作品で、アーティストとしての華やかさがあるね。
新たな仏画に新境地を開こうととする意気込みが
なんともステキだね。

応援しています。
ガンバ! フレフレ!!

彼女の活動に興味を持った人は、
ブログも見てね!
http://ameblo.jp/yuki-asada/

では、またね!
愛を込めて


««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»