プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

地井武男さんに続き、
これも10年以上前にご縁をもった杉良太郎さんの絵
について今回は見ていくね。
絵から性格傾向を見るというテレビ局の企画で
オーロラが取材を受けたときのものです。

杉良太郎さんについては、みんなよく知っているね。
歌手や俳優としてはもちろん、
ボランティアやチャリティーの活動でも有名だね。
そして、彼は46才から、
趣味として油彩で絵を描き続けているんだよ。
今日は、彼の絵から、芸能界で成功する条件について見るよ!

まず、1枚目の絵。華やかな絵だね。
たくさんの花に囲まれて、典型的な芸能人の絵だね。

山・花風景

芸能界で成功する条件の1 は、
カリスマ性があり、独特の個性や華があること。
たくさんの花々から、自らも華があり、
そして、人に愛を与え、夢を与え、楽しんでもらうことに
喜びを感じる人であることがわかる。
この絵を見ていると、
人へのサービス精神にあふれていることが伺える。

芸能界で成功する条件の2 は、
役になりきり、一つひとつの役を演じきる才能があること。
種々雑多な花をさまざまな色や描き方で描いているところから、
彼にとって、役者はまさに天職なんだろうね。
一つひとつの花が生き生きと描かれているものね。

芸能界で成功する条件の3 は、目的やゴールをしっかり持つこと。
絵の上部に描かれた青い男性的な山は、彼が孤高で、
高い目標を持っていることを表しているね。
しかも、この山はとがった山だから、自分のやり方を持ち、
自分にも他人にも厳しそう。
時には周囲から理解されないことも多かったんじゃないかな? 

芸能界で成功する条件の4 は、人生のどん底を経験していること。
画面中央に描かれている黒い枯れ木がそれを象徴しているね。
絵の中央部分は現実を意味し、黒い枯れ木は、
人生の根源にしんどい状態があったことを表している。
実際、有名になるまでには長い下積み生活や、
幼少期にはいじめられ体験や貧困も経験しているとのこと。
彼は、そうした体験を役者として成功するための原動力とし、
不屈の精神をつちかったんだね。
そして、人生のどん底を経験することで、
人へのやさしさや共感性を養い、
ボランティアに奔走する彼を作りあげたんだね。
すごくたくさん、表彰や叙勲されているね。
彼は、本物の奉仕の人だね!!!

だけど、どん底というのは、経済的な貧困だけではなく、
精神的な落ち込みや挫折体験も含まれるよ。
成功するために必ずしも必要というわけではないけれど、
そこから得られるものが多いということだよ。

白いひな

芸能界で成功する条件の5 は、純粋さと強さを持つこと。
この絵は、ひな鳥が口をあけて餌を食べさせてもらっているところ。
この白い鳥は彼の純粋な精神性を表し、
生粋の自分の信条を守ろうとする強さが
幼少期からつちかわれていたと見ることができるね。
またこの絵は、ひな鳥が餌を食べさせてもらっているところから、
無条件の母子関係、母への傾倒があることが伺えるね。

段々畑

芸能界で成功する条件の6 は、やるべき行動は完璧にやるということ。
この絵はすごいね~。
田んぼは労働を表すけど、たくさんの棚田から、
今の成功を勝ち得るには並大抵の努力ではなかったことが伺える。
そして、この畑にはありのようにたくさんの働いている人がいるんだよ。
彼が一人ひとりを大切にし、やるべきことを着実にやってきたこと、
そして、それが成功に結びついたととらえることができるね。

不動明王

芸能界で成功する条件の7 は、品格と運を呼ぶこと。
これは、彼の本質を表すと思われる不動明王の絵だよ。
片手に剣を持ち、炎の光輪を背負い、竹のいらくさの上に座っている。
牙をむき、目は見開き、にらみつけている。
彼の舞台での流し目は多くの女性をとりこにしたけど、
この不動明王の目には色っぽさなんてみじんもないね。
男の中の男だって思うよね。
また、神仏への祈りを通して大いなる運を呼ぶことも大切だね。
そして、この絵を見るとき、人へのやさしさやいたわりに不動である
彼の暖かさを感じるのは、私のひいき目かしら!? 
これからも応援していますね。杉さま♡♡♡

さあ、ここまで、杉良太郎さんの絵から、
芸能界で成功する条件について見てきたよ。
この中のポイントのいくつかは、
あなたが仕事で成功したいときに活用できるものでもあるんだよ。
ピンをくるものがあったら、ぜひ自分のものにしてみてね。

今日はここまで! 
それでは、またね。
愛を込めて

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aurorashakti.blog117.fc2.com/tb.php/131-05b62b5a

 | BLOG TOP |