プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。
昨日、4才のお孫ちゃんとディズニーランドに行ったよ。

私のディズニーランド・デビューは…30年前。
最初はクールに構えていたんだけど…
It’s a small world、ジャングル・クルーズ、ホーンテッドマンション、カリブの海賊……最後にはすっかりディズニーランド・ワールドにはまって感動、感動、感動!

ディズニーランド

だからさ、今回も期待していたんだ。
だけど、正直…
それほど心が動かなかった…。

なぜだろう?
今回はね、びっちり計画立てて行ったんだ。
何時にどこに行って、ここで食事して、パレードは何時にどの場所で見る…だから、待ち時間や混雑とは全く無縁。
見たいものはすべて見られてパーフェクト! 
すべて計画通り完璧だったんだ! 
だけど、満足できない…

…そんなことを考えているうち、今年の初夢を思い出した。夢はね…

これが、初夢の絵だよ。
初夢1
(絵:秋谷真由美)

私は窪地にいる。
出口が4つあるけれど、1つ目2つ目の出口からはドロドロと真っ赤な溶岩が流れ込んでくる。3つ目の出口にはトラが寝ていて、4つ目の出口にはむささびの巣があって、私が抱えている赤ちゃんめがけて襲ってくる。私は剣を抜いて一撃。
だけど、次から次へと襲ってくる…
はたして、ここから脱出できるだろうか?

フト、気がつくと、私の後ろにえらいお坊さんのような人が立っている。
彼は、私の苦境を見て、質問する。
「こっちに来るかい? 助けを求めるかい?」

絶対絶命だってことはわかる…でも…
私は超自立型の女だからね。
「頼る、助けて」なんてなかなか言えない。
心の中では「一人でこの状況を打開できないのが口惜しい」…葛藤

でも、決心した。
「助けてください。そちらに行きます」
その途端、すべての出口も障害も消えてなくなった…

絵や夢をやっている人は、もうわかるね。
お坊さんは大いなる自己(セルフ)だね。
自分のエゴに頼るのではなく、大いなる自己(セルフ)に頼ること!
これが夢のメッセージだね。

私みたいに超自立型の人は、何でも一人でやろうとする。
状況を把握したり、優先順位をつけたり、こうしたいという意図を持って一点集中で、何でも頑張る。もちろん、それ自体は悪いことではないし、それがゆえに、仕事も家族も、友人関係もうまくいく。

何でもチャレンジ!
「まだ大丈夫、まだイケる、もっとやれる!」
だけどね、それは欲望のわな。
一つ達成すれば、また次。
永遠に終わることがないんだ。

本当の満足はね、自分自身の大いなる自己(この言葉になじみがなければ、本心または魂と捉えてもらってもよいかも)と一つになったときに生じるんだね。
そして、それは、いつも私たちの後ろにいる。
私たちが振り返り、その存在に気づきさえすれば…
助けを求めさえすれば、もう脱出しているんだって思ったよ。

ちなみにね、大いなる自己は何かあったときだけ助けてくれるのではないんだよ。日常生活の中で、家族や友だちと信頼関係を築けたり、仕事が成功したり…私たちは、「すべて自分がやっている」と思いがちだけど、本当は、この大いなる自己に支えられて、生かされているんだね。

だから、私たちの人生は、本当は奇跡なんだよ。
助けられ、守られ、サポートされている。
そう考えるとありがたいな。
幸せだと思う…。

ディズニーランドの体験で、
もう少し大いなる自己に謙虚にならなきゃ、
と思った私でした。

それでは、またね!
愛を込めて

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aurorashakti.blog117.fc2.com/tb.php/107-26e04717

まとめtyaiました【超自立からの脱出―大いなる自己(セルフ)へヘルプ】

こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。昨日、4才のお孫ちゃんとディズニーランドに行ったよ。私のディズニーランド・デビューは…30年前。最初はクールに構えていたんだけど…It’s a small world、ジャングル・クルーズ、ホーンテッドマンション、カリブの海賊…...

 | BLOG TOP |