FC2ブログ

プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。
今年、最後のブログだよ。

来年、いよいよオーロラは30周年を迎えます! 
ここまでこられたのも、
みなさんの支援と協力があったからです。
本当に、ありがとうございました! 
そして、新春には、
念願の思春期・青年期のアートセラピーをやります
1月28日(日)の新春ワークショップのテーマは、
「思春期・青年期 適性、進路を読む親子アートワーク」で、
初めての親子一緒の1デイ・ワークショップです。
このプログラムの詳細は、次のアドレスをご覧ください。
http://aurora-shakti.com/tanki.html

私は、長年、パステル・ルームで
子どもたちの絵に接してきましたが、
絵が好きでずっ~~と描いていたいのに塾に行くために
絵画教室をやめさせられる子ども、または、
子どもにコミュニケーション力をつけるために
無理に発声練習をさせる親、
学校でのストレスを打ち明ける場がなく、
絵だけに正直な気持ちをぶつける子ども、
「気持ち悪い」、「変な絵」と子どもの絵に
心無い一言を投げつける親など、
子どもがあるがままの子どもでいられない現状に
胸を痛めてきました。

親はよかれと思ってそうするのですが、
親の期待と子どもの気持ちがかけ離れているようです。
もし、親が、子どもたちの本音や本質、そして、
その子だけが持っている適性や才能に
目を向けることができるなら、
または、子どもが悩んでいることを受け止められるなら、
子どもはもっと等身大で生きられるかもしれません。

今回のワークショップは、
まず、子どもの適性を認め、どんな進路があっているのか、
どんな方向性に進めばいいのか、
未来に向けて地図を創ります。
そして、親は、
子どもをサポートするために何ができるのか? 
または、どう接すればいいのか? 
具体的に見ていきます。

ありのままの子どもを受け止めることで、
親も自分の概念や枠を外し、
本当の意味で親になることができます。
親子の力関係も本来の信頼に基づいたものに変化します。
画期的でしょ? 
新しい年の初めに、
親と子で新たな未来地図をつくってみませんか? 
1月28日には、みんなのこと、待っているからね!

クリスマスなので、雪だるまを作ってみました。
雪だるまが、ろうそくの炎で溶けて
愛そのものになりますように!
良いお年をお迎えください。

ツリー

DSC_0416.jpg

雪だるま絵2-1

追伸: オーロラは、12月27日(水)~1月3日(水)まで
 年末年始のお休みをいただきます。

 | BLOG TOP |