プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


オーロラは平成元年に設立され、来年30周年を迎えます。
オーロラがこうして着実に歩んでこられたのも、
卒業生のみなさまをはじめ、多くの方たちの熱意や支援が
あったものと心から感謝をしています。
本当にありがとう!

そして、この設立30周年を記念して、スペシャルな
アートセラピー・ワークショップを開催します。
子どもと家族のためのチャイルド・アートセラピーです! 
このワークショップの目的は、子どもたちが生き生きとし、
自信をもって自分の人生を生きるようになることです。
詳細は、こちらをご覧ください。

日時: 7月22日(土)午後1~6時
http://aurora-shakti.com/tanki.html

この30年間を振り返ってみて、
子どもの絵を心理的に読み解ける人が
もっともっと増えるといいなぁ、と感じています。

子どもの絵には、本当にたくさんのメッセージが表れます。
親の不仲や離婚問題、
下の子が生まれて、お兄ちゃん・お姉ちゃんに
ならなければならない葛藤、
先生やお友だちとケンカしてしまったとき、
または、思春期の性や、学業・進路の悩みを抱えているときも、
絵には、必ず兆候やヘルプサインが表れます。
そうしたサインを読み解き、対応していくことで、
子どもも親も、もっと楽に、もっと生き生きするでしょう!

そして、絵の心理的な解釈に自信を持つためには、
たくさんの絵を見ることです。
多くの経験や実績を積むことで、絵を解釈するという段階から、
絵が体験的にわかるという段階になります。
このワークショップでは、それを目指しますよ!

参加を希望される方は、「子どもの絵」をお持ちください。
最近、「気になる絵」、「心配な絵」についての質問をいただきますが
それらの絵についても、理論的背景も踏まえながら、
徹底的に絵の見方・返し方を体得します。

なお、「子どもの絵」の対象者は、幼少期・学齢期だけでなく、
思春期や青年期をも含みます。
子どもが自立するまでに経るプロセスを
絵から明らかにしていきます。

親や教師、保育士、絵画・造形教室の先生、
学童保育・支援学級の先生等、子どもたちや子どもの絵に
関わっている方は、ぜひご参加ください!

子どもの笑顔は地域や社会の財産です。
一人でも多くの方が、絵からメッセージを受け取り、
現場で生かし、貢献してくださることを心から願っています。

30年分の感謝と愛を込めて。

オーロラ 加藤るり子

 | BLOG TOP |