プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

新しい年が明けて、はや3週間。
みんなは、どうしているかな?
私は…お正月の食べ過ぎがたたって、
まずは、体重を…なぁんて考えているよ(笑)

さてさて、『セラピスト』(BABジャパン)
(2016年1月7日発売)という雑誌に、
風景構成法特集として、加藤の記事が載りました!

セラピスト表紙

1ページ

久しぶりに美人な写真で、にやにやしています。
こいつぁ~~春から縁起がいいなぁ(笑)

授業風景

要するに、ちょっとやせて写っているのよね(笑)
冗談はさておき、5ページにわたって
風景構成法について簡単にまとめてあるので、
ぜひ読んでくださいね。

風景構成法は、本当に万能のテクニックで、
アートセラピー無料体験説明会で、初めての方が、
「絵からここまでわかるなんて驚きです!」と
感動してくれます。

絵は正直だから、
その人の状態がありのままに出てくるんだね。
だけど、最近、
正直さを出せないで、無理している女性が多くいるように感じて、
ちょっと痛いかな…?

みんな、すごく頑張り屋だけど、
「本当は、甘えたい」
「一緒にいて」
「ごめん、これ以上は引き受けられない。これが限界」って…
正直に言えるといいね。
みんなには、耳だこになっていると思うけど、
「自分の弱さを表現できるのが、強さ」
って、思うよ。

かく言う私も、昔は、超自立型で
甘えたり、頼ったりできなかったよ。
そんな自分の体験を踏まえて、
今年は、女性が自分自身の正直さや本音を大切にしながら、
輝く方法を探っていきたいね。

特に、今年は、「家族」をテーマにしようかな、
と思っているよ。
仕事は、ルールがあり、成果や結果が実感できるし、
人々からも喜んでもらえたり、認められるから
手ごたえがあり、やりがいがあると思えるけど、
家族は、なかなかそうはいかないね。

近い関係だから、期待や要求も出てくるし、容赦がない。
自分のエゴや「こうしたい」というビジョンを投影し、叶わないと
夫婦間や兄弟間、親子間の戦いになったり、
または、あきらめになってしまったりする。

最近、いじめや家庭内暴力、育児放棄、卒婚という言葉が
マスコミをにぎわせていますが、
いずれも、こうした対立が原因だよね。

だけど、その一方で、家庭は、
こうしたひっちゃかめっちゃかな自分を
安心して見せることのできる場でもあるね。
そして、自分の生の姿が出てきやすい場だからこそ、
様々な問題をどう乗り越えていくか直面し、
成長していく機会とすることもできるね。

今年は、家族の抱える問題をどう成長につなげていくか
見ていきたいな、と思っているよ。
そして、何より大切なのは、家庭の中には無償の愛があるよね。
それを、どう育み、家族だけでなく、周囲の人々にも広げていくか
見ていきたいね。
う~~ん、すてき♡

そして、その愛を大きく膨らませていったとき、
血のつながりだけでなく、友人、一緒にいる人、隣の人等々
すべての人が「家族」になるよね。

この、安心した基盤を作っていきたいなあ、なぁんて
年の初めに、思っています。

みんなは、どんな夢や希望を持っているかな?
年の初めは、時期的にもエネルギーが高まっているから、
自分自身の決意や方向性を見て、それを表現できるといいね。

1月30日(土)には、
「夢・タロットから今年のビジョンを実現する」
ワークショップがあるから、
ぜひ、まだ今年のビジョンが決まっていない人は
利用してね。
まっていま~す!

それでは、またね。
愛を込めて

A Happy New Year!

明けましておめでとうございます!
今年は、暖かなお正月だったね。
みんなは、どんな風に過ごしたかな?

私は、元旦から、接待、接待、接待…
元旦から、20人以上のお客さんが来たから、
フー、フー。
仕事が始まるのが待ち遠しかったよ(笑)

さて、今年も、たくさんの年賀状をありがとう!
ステキな手書きの年賀状のいくつかをシェアするね。

吉沼年賀1

豊田年賀1

松田年賀1

嶺花年賀1

愛理年賀1

ユニークなお猿さんがいっぱいだね。
それでは、最後に、オーロラからの年賀状だよ。

さる年賀
MOA美術館全国児童作品展入賞 小2 すみれちゃん

豊かな実りを楽しめる年になりますように!
今年も、よろしくお願いいたします。

それでは、またね!
愛を込めて

 | BLOG TOP |