プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

みなさんは、「コロリアージュ」というのを知っているかな?
いわゆる「大人のぬり絵」のことで、今、大人気なんだって…。
浅田真央ちゃんもはまっているそうだよ。

・・・というわけで、
この「コロリアージュ」について、
アートセラピーの観点からコメントしてほしい、との依頼で、
10月13日、日本テレビの朝の番組「スッキリ!!」に出たよ!

短時間の出演だったけど、見てくれた人から、
たくさん連絡をいただきました。
ありがとう!
でも、ちょっとブスに写っていたので…(笑)

それでは、「コロリアージュ」を知らない人のために
ちょっと紹介!
「コロリアージュ」とは、フランス語で、
着色・彩色のことです。

鳥(小)

花(小)

製作途中(小)

すごい細かな図柄でしょう。
主に、色えんぴつや水性ペンで着色・彩色していくんだけど
イギリスやフランスで3年前に人気沸騰し、
日本に輸入されたようです。
ストレス解消や美的センスを磨くために良いと言われて、
書店でも10万部を超えるベストセラーなんですって。

さて、この「コロリアージュ」ですが、
これは、セラピーというより、ヒーリング・アートに属するね。
集中して色を塗っているうちに、
いつの間にか違う心の次元に入り込んでいることを発見。
つまり、フラストレーションやストレスが解消し、
リラクゼーション効果があがるというわけ。

しかも、出来上がった作品は、
色彩によって、情動を刺激されるので
陶酔感が得られる。
それに、達成感や満足感もあり、
いつまでも眺めていたいと思ってしまう。

真央ちゃんみたいに、身体を使う人は、
静かに座って、制作に集中することで、
心のバランスを取る効果もある、と思ったよ。

そこで、私も体験! 
「コロリアージュ」を作成してみたよ。
一つは、色鉛筆で、
もう一つは、水性ペンで制作したものです。

加藤作1(小)

加藤作2(小)

秋の夜長、眠るのも忘れて、集中してしまいました…ウフ
私は職人気質で凝り性だから、
細密画のぬり絵にはまっちゃったね。

そこで、この技法にはまる人について考えてみたよ。
はまる人の特徴をいくつかあげてみるね。
人生を一生懸命生きていて、力を抜くのがへたな人。
集中力があって、完全壁のある人。
ちょっと強迫的なところがある人。

そして、「コロリアージュ」って、色の世界でしょ?
だから、「わあ、きれい」って感情、感性、感覚が優性な人。
自分の美的センスに隠れた自信を持っている人。
密かに、自分を表現したいと思っている人。
「私の方がうまく描けるわ」と競争意識のある人などがはまるかな。

その一方で、きっとこの図柄をみて
「え~~、めんどくさい」って思う人もいるでしょ?
オーロラのスタッフは、
「見ただけでイヤになる」と言っている人がいるけど・・・。

細かなところより、物事の全体をとらえるのがうまい人。
おおざっぱで適当な人。
「これをやってどうなるの」と、まず頭で考えてしまう人。
感情移入が苦手で現実主義者。
論理的思考を得意とする人は、この技法に向いていないよね。
また、無から美を作り出すアーティストも
図柄が決まっているので、あまり興味を持たないかもね。

ちなみに、「アートセラピー」の「ぬり絵技法」は、
子どもを対象としたぬり絵から出発したね。
そして、高齢者に移行し、
認知症予防として治療効果があると、注目を集めたのね。
また、心の病の人たちを対象とした色彩分割法など
多数の手法が、現在も使われているよ。

「マンダラぬり絵」や「写仏」がブームになっていたけど、
今度は「コロリアージュ」が、ヒーリング・アートとして
「大人のためのぬり絵」という形であらわれてきたんだね。

枠があって色を塗るだけの技法で、形を考えなくてすむから、
お疲れ気味の人や、ちょっと落ち込んでいる人も
安心して、とっかかりやすいね。

そういう視点からすると、社会全体がお疲れモードかも…
みんな、よ~く、よ~く頑張っているんだね。

たくさんの愛を送ります。
それでは、またね!

こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

毎週火曜日は、22人の子どもたちが
目を輝かせてオーロラ・パステル・ルームに
絵を描きにやってくる。
みんな、天才なんだよ。

さあ、2015こども絵画大展覧会、第2弾の
はじまり、はじまり!

今回もユニークで、元気な絵がいっぱいだよ。
絵を見ていると、
こどもって、本当によく自然を見ているし、
創造力豊かだな~~って感心しちゃう。
こどもの住んでいる世界を楽しんでね!
すてきなストーリーが、すべての絵にあるんだよ。

ゆうすけくん「ほねほね星人」

小1 ゆうすけ君 「ほねほね星人」
ほねほね星人あらわる!
オレ、ピカソになった!


ひより「女王様」

小3 ひよりちゃん 「女王さま」
わたしは何でももっている女王さまなの。
とってもゆたかなのよ!! 
し・あ・わ・せ~♪


こたろうくん「ぼくはクワガタの王様だ!」

6才 こたろう君 「ぼくはクワガタの王様だ!!」
ぼくは、ライオンとゾウと同じくらいつよいんだぞっ!!
すごいだろう!!


だいきくん「水の中をのぞいたら」

小3 だいき君 「水の中をのぞいたら」
カメの上でザリガニがお食事中でした!
びっくりしちゃった!!


どうだったかな?
この「2015こども大展覧会」は、今月下旬に
動画を含めて、公開予定だよ。
楽しみにしてね!

では、またね!
愛を込めて




こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

今日は、パステル・ルームの子どもたちの
1年に一度の秋の大展覧会のお知らせです。

4才から小学5年生までの22人の子どもたちの
作品展だよ。
これが、すご~~くステキ。
個性的でパワフルで・・・
私はこれらの絵を見て、
「人生、すてたもんじゃない」と
うれしくなっちゃった。
それでは、絵の一部を紹介しますね!

るり「白鳥」

小2 るりちゃん 「白鳥さんと金魚」
白鳥さんと金魚のかぞくがあそんでいるの。
パタパタ、スイスイ。


さとる「まぐろとさめとくらげ」 (2)

小2 さとる君 「グァムにいったよ!」
クラゲとマグロと赤いサメがいたんだ!!
すごかったよ。


そら君


小1 そら君 「泣いているぼくと怒っているぼく」
泣いているぼくと怒っているぼく、
プンプンなのは、どっちだっ? 
笑っているのもいるよ。


りさ「魔女とこうもり」 (2)

小2 りさちゃん 「アブラカタブラ」
私はホウキにのった魔女。こうもりが召使いよ!
でも、みんなが幸せになることを祈っているの。
私に何ができるかしら?


すてきな絵たちでしょ。
エネルギッシュで、創造的で、
本当に、本当に、すてき!!
次回も引き続き紹介するね。

では、またね!
愛を込めて

 | BLOG TOP |