プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

今回は、前回の紙芝居の続きだよ
「おさな子クリシュナ」の物語、第2部はじまりはじまり!
前回のストーリーは、11月11日のブログを見てね。


クリシュナ5
クリシュナは、とうとうつぼを割って、
バターをぜ~~んぶなめてしまいました。
すると、そこへ、お母さんが…
「こら~~~~~~~~~~」
「なんてことするの、あんたはしょうのない子ね」
おかあさんの怒りは鎮まりません。


クリシュナ6
おかあさんは、お仕置きのために、クリシュナを
太い柱にくくりつけてしまいました。
「反省するまで、そこにいなさい。
動いちゃだめよ!」
お母さんはクリシュナに雷を落としました。
…でも、クリシュナは、神の子です。
指を立てて、「ちちんぷいぷい」
…するとどうでしょう。

クリシュナ7
縄がするするほどけていきます。
「へへ~~ん、ちゃらいよ、こんなの」
それを見たお母さんは、
「あら、おかしいわね。もっとしっかりくくりつけなきゃ」
「ちちんぷいぷい」
クリシュナは、するっと縄を抜け出してしまいます。


クリシュナ8
おかあさんは、弱り果ててしまいました。
「どうしてかしら、困ったわ、困ったわ」
困っているおかあさんをみたクリシュナは、
おかあさんがかわいそうになって、
自分から縄にしばられてあげました。
めでたし、めでたし。

おさな子クリシュナの紙芝居は、これでおしまい。

この絵は、パステルルームの先生、
小林直子さんが描いたものだね。
本当にいつ見ても繊細で、あったかくて、美しいね。
一つひとつを大切に描いている絵を見ると、
彼女の生きざまを感じ、感動するよ。

それでは、またね!
愛を込めて

こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

今日は、小林直子さんの絵を紹介するね。
彼女は、オーロラを設立したばかりの頃の受講生で、
その後、10年以上に渡り、オーロラのスタッフとして、
そして、こどもの絵画教室の指導にあたってくれています。

東京芸術大学油絵科出身で、
銀座でも個展を開いたことがあるので、
絵がすごくうまいのです。
そして、彼女の絵は丁寧で、
やさしくて繊細。
一つひとつの線や色を大切にしているのは、
彼女の特質そのものでもあるね。
私が彼女の好きなところは、正直さと直観の鋭さ、
それに、信頼とゆるぎなさかな…。

では、彼女の絵をシェアするね。
これは、
インドの神様クリシュナ神の子どもの頃のお話を
紙芝居にしたものだよ。
絵は、彼女が描き、文章は私が作ったんだ。
12月のオーロラ・パステル・ルーム(子供絵画教室)の
クリスマス会ではいつもこの紙芝居を上演するのが
恒例になっているんだよ。

クリシュナ1
それでは、「おさな子クリシュナ」の物語、
はじまり、はじまり。


クリシュナ2
ある日のこと、
クリシュナのお母さんが、家族のためにバターを作っています。
「バターにな~~れ、バターにな~れ
 くるくる回して、おいしいバターにな~~れ!」
お母さんは、鼻歌まじりで、ミルクをかきまわしています。
そこへ、クリシュナがよいにおいをかぎつけ、やってきました。
「しめ、しめ」


クリシュナ3
「わぁ~~、ぼくの大好きなバターだ」
「お母さんもいないし、ちょっとひとなめしてやろう」
クリシュナは、こっそりバターを指につけてなめはじめました。
「う~ん、うまい、幸せ、幸せ、ラッキー」

「もうひとなめ…、もうひとなめ…」
とうとう、とまらなくなってしまいました。
そして、クリシュナは…
「ガッシャ~~~ン…」
大きなつぼを割って、バターをみんな食べてしまいました。


クリシュナ4
「オポンポ、ポン、オポンポ、ポン
 オポンポ、ポン、ポン、ポン、ポン、ポン…」
クリシュナは、お腹いっぱいになって、
お腹をたたいて大満足です。


さてさて、この後クリシュナはどうなるかな?
今日の紙芝居はここまで。
後半は、次回ね。

でも、彼女の絵は、ほんとうにきれいでやさしいでしょ?
子どもたちは、毎回食い入るように
クリスマス会で上演されるこの紙芝居を見るんだよ。

もうじき、こどもパステル・ルームのクリスマス会。
40人を越す子どもとお母さんや小さいお子さんたちで、
オーロラは埋め尽くされ熱気むんむん。

今年は、子どもがつくった紙芝居を上演予定。
ケーキとお菓子、それに点滅するクリスマスツリー。
すてきなクリスマス・イベントです。

ちなみに、先日のパステルルームでは、
「加藤先生のうちの子どもになる人、手をあげて」
と言ったのね。
あんまり、子どもたちがかわいくてね。
でも、誰も手を上げないの。少々がっかり…
その代わりに、研修に入っている先生たちが手をあげていて…
大きな子どもだね。

では、またね。
愛をこめて

 | BLOG TOP |