プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


仏たちのお話

こんにちは、加藤です、今日もお邪魔しますね。

「アートセラピー・インストラクター・コース」の上級コースである
「メンタル・アートセラピスト養成コース」で、
受講生が作ったにぎり仏だよ。

今回は、ユニークな作品が多くて、おもしろいなぁって思ったよ。
ではでは、みんなにシェアするね。


にぎり仏2-6

にぎり仏2-2

にぎり仏2-5

にぎり仏2-4

にぎり仏2-1

にぎり仏2-3


本当に、仏さまの表情は豊かで、魅力的だね。
写真に撮ろうと焦点を合わせると、
一人ひとりの仏さまが生き生きとお話をしてくれるんだよ。

喜びいっぱいの話や、
心温まる話、
時には、悲しい話や
ブツブツ文句を言っていることもある。
おもしろいね!

ところで、この中に一つだけ、
パステルルームの子どもがつくった仏さまがあるんだけど、
どれだと思う?
オーロラに寄付して、
みんなの仏さまと一緒に置いておいて、
って言うんだよ。
この仏さまは少しさみしがりやかな?
でも、すごい純粋で、かわいいね。

今日はここまで、
それでは、また
愛を込めて

こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。
暑い日が続いているけど、元気してますか?

絵画心理テストのシリーズが続いているけど、
今回は、「パラシュートの絵」から、
深層心理に迫っていくよ!

このテクニックは、楽観性や悲観性について見る
アートセラピー・テクニックだったね。
そして、今回見ていくのは、
人生の落ち込みやうつになるときの誘因。
あなたは、どんなことを恐れ、苦手としているのか、
また、そこからの脱出法についても見ていくよ。

まずは、いつもの通り、
次の絵の中から、あなたはどの谷底を選ぶかな? 
1つ選んでみてね。

1
パラ1

2
パラ2

3
パラ6

4
パラ3-1
*サムネイム使用につき、他の画像に比べて
 1/4のサイズになっています。

5
パラ4

6
パラ5


それぞれ、バリエーションに富んで、
創造的で、パワフルな絵だね。
死や地獄を連想できるものもあるね。
そして、本当に、よく描けている。

では、選んだ絵について、
プレゼントの言葉だよ。

1番の絵を選んだ人の落ち込みやうつの誘因は、
ワニやピラニアに象徴されるように、
人や周囲から攻撃されたり、一方的に言われたりすること。 
その一方では、自分自身でも内側に怒りや頑固さを
抱えているところがありそう。
ゆったり安心して、人を信頼することができるといいね。
そして、結構貪欲さもあるので、欲望にむさぼられると、
自分でもコンロトールがつかなくなるので、
この点も注意ね。

2番の絵を選んだ人の落ち込みやうつの誘因は、
剣山にようにとがった山と、虫一匹いない極寒の世界に
象徴されるように、孤独や人々から離れて
一人になってしまうこと。突き刺さる言葉や心が凍ることが
一番苦しい人かもね。
本来、ホットで純粋な暖かい心を持っている人なので、
そこに戻れるといいね。

3番の絵を選んだ人の落ち込みやうつの誘因は、
渦巻きに象徴される母なる力や影響力。
渦は、ユング心理学では「否定的なグレートマザー」
としてとらえることができる。
いい子・よくやる子として、母の言いなりになり、
自分を抑えつけていることが、
本来のパワーを発揮できず自信を持てなくさせてしまう。
母のパワーや飲み込む力から脱出することが、
あなたが自分の人生を生きるカギになるかも。
一人で好きなことをやっていく、
それがあなたの祝福された道となるね。
ガンバレ!

4番の絵を選んだ人の落ち込みやうつの誘因は、
理由はともあれ、うつ傾向に浸る時間が長かったり、
ネガティブなものに執着すること。
なかなか気分転換ができず、ずるずると選びたくない道を
選び続けてしまう傾向を持つ。ただ、その裏には、
人へのやさしさやいたわり、人をサポートする暖かさを
人一倍持っている人なので、他人にやってあげるように、
自分で自分のやりたいことをサポートし、
自分にやさしくできると、パワフルになるよ。

5番の絵を選んだ人の落ち込みやうつの原因は、
たくさんの小さなごきぶりに象徴されるように、
幼少期から小さいイヤなお小言をブツブツブツブツ
言われ続けてきたこと。「…してはいけない」、「…すべき」etc
一つひとつは小さなことだけど、いつの間にかそれが
大きな拘束や禁止令となってあなたを襲い、不自由さを感じている。
それらの言葉にはあなたを拘束する力はないことを理解し、
概念として形作られた固定観念を破ってね。
自分の幸せのためにやりたいことを選びとっていく勇気が
必要とされているよ。

6番の絵を選んだ人の落ち込みやうつの誘因は、
溶岩・マグマに象徴される灼熱地獄のような
自分の中の怒りや苦悩、おびえetc。
怒りは、あなたの中にある愛の炎でもあるので、
自分の中に愛があることに気づいてね。
人を愛し、尽きせぬ愛の泉を与えることができたとき、
このマグマのエネルギーを人々のために創造的に使うことができるよ。

最後に、この絵を提供してくださった6人のみなさんに感謝するね。
よく心の内側の暗い部分まで、掘り下げて表現してくれたね。
絵は、このように心の暗闇を描くことで、自分自身の内なる
心の暗い影を受容し、解放してあげる効果があるんだよ。
これが、絵による浄化作用だね。

それにしても、落ち込みやうつの誘因は、
人それぞれ抱えているものも原因も違うんだって、
絵を見るとよくわかるね。
だから、一人ひとりの習慣になってしまった反応の違いを理解し、
尊重することがとっても大切だね。
そして、その違いを越えて、人は結びつくことができる。
愛というベースを共有し、そこから学び、許しあえるんだね。
なんてすてきなんだろう、人って…。

それでは、また! 
愛を込めて


追伸: オーロラは、8月12日~15日まで夏休みを
    いただきますので、よろしくお願いいたします。

 | BLOG TOP |