プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。
最近テレビ・コマーシャルで、流行っているもの!

いつやるの?
今でしょ!

みんな、よく知っているよね。
予備校のカリスマ塾講師の林先生の言葉。
この「今でしょ!」が、いいよねぇ。
今日は、この「今」について考えてみるね。

10年以上前になるかな…。
その頃も、家庭に、仕事に、ボランティアに… 
それに介護もあり、自分の時間なんてないくらい超多忙。
どうしても、その時、1年の感謝を伝えたくて、
瞑想の先生を年末に海外に訪ねたことがあった。
でも、行けるのは1泊2日。
しかも、この日程では、大きな瞑想のプログラムもないので、
瞑想の先生に会えるかどうかもわからない…

普通に考えたら、「行かない」状況。
でも、どうしても感謝の気持ちを伝えたい。
とにかく自分の心が望むものに正直になろう! 
瞑想の先生には、会えても会えなくてもいい、
と思って、行くことを決めた。

そして、渡米。
ラッキー!!!!!!!! 
会場に着いて早々、瞑想の先生が歩いてくる。
姿を見た途端、思わず、先生の名前を大声で叫んでいた。
先生は、すぐに、私の前に立ち止まってくれた。

叫んだはいいが、こんな状況になるなんて想定外。
心臓はバクバク、ドギマギドギマギ…
先生は、私に質問してくる。
「When did you get here?」
あがっちゃって、何を言われているのかチンプンカンプン????
頭は混乱、もうグチャグチャ!!!!!
「こまったわ、こまった、こまっちゃった…」
日本語がわからない先生に、日本語でぶつぶつつぶやく私。

瞑想の先生は、そんな私を静かに、じっと見つめてくれて…

しばらくして、やっとその目に私が気づけたとき、
心がすとんと静かになった。
瞑想の先生は、落ち着いた私を見て、立ち去ろうとしたその時、
私はなぜか握手を求めて、先生に手を差し出しはじめていた。

その一つ一つの私の動作が、
スローモーション・ビデオを見ているように、
一瞬一瞬目に焼きついて見える。
私の心には、何の考えも感情もない。
何かを求めようという欲や期待感も、焦りもない。
ただ、静けさだけが流れていた。
私の手が差し出されていく…ゆっくり、ゆっくり…。
小間切れのスローモーション映像を見ている私。
その途端、瞑想の先生がしっかりと私の手に触れ、
強く握ってくれた。
すごい力。
何かが手を通して入ってきた。

そして、握りしめられたほんのわずかな瞬間、
私は、瞑想の先生の深い境地の中にいた。
自分が完全に開け放たれ、大いなるものの中に溶けていく感覚…
同時に、「今が永遠」という言葉が心の深い底から湧いてきた。

Epson_0302_1.jpg
(絵:秋谷真由美)

本当に、一瞬の出来事。
だけど、完全な満足感と充足感に満たされていた。
人は、何か達成できたから、
何か成果があったから満足するわけではない。
ましてや、何かが欠けているなんてことはない。
本当に、「今、この瞬間」の中に、
すべてがあるんだって思った。
そして、「今」という時の中に永遠性を見、時が止まった。

このときから、この「今が永遠」という言葉は
私の熟考のテーマとなった。

「今」、「今」、「今」…時というものはなく、永遠の「今」がある。

だから、林先生が、「いつやるの? 今でしょ!」て言うのは、
すごく理にかなっているね。
よくみんなが何かを選択するときに、「…ができたらやろう」とか、
「…明日やろう…」とか、「後でできるから…またにしよう」とか、
「先を待とう」と言う人がいるけど、
そういう人は、もったいないなと思ってしまう。
いつまでたってもやらないからね。
「今」と「チャンス」を逃してしまう…

「今」、「この瞬間」は自分の手の中にある。
意識して選択し、行動するとき
いつでも、次に、やるべきことが見えてくる。
「今」が「今」を運んでくるからね。
よく私は、
「もし、あと1週間で死ぬとしたら、今、何をする?」と
みんなに聞くけど、大切なのはそこなんだよね。
自分にとっての一番を「今」選択してね。
あとじゃないよ。
「チャンス」は、「今」しかないからね。
「今」が入口なんだよね。
そこにのみ可能性の扉がリアルに開いているという感じがするよ。

だから、「あれをやらなきゃ」、「これをやらないと」と
言い訳しているときは、責任転嫁していたり、
自分で主体的に人生を生きていないかもね。
また、犠牲者として自分をとらえたり、
人の期待やどう思われるかにそって
義務と役割の人生を生きたりすることもね。
これ、ちょっとちがうよね。
過去のことにくよくよしたり、
未来を不安に思って「今」にいないのも
やっぱりちょっとちがうよね。

いつやるの?
今でしょ!

ホントに、いい言葉だね~~
さてさて、あなたは、この言葉から、
何を、「今」、「この瞬間」選択するかな?

それでは、また
愛を込めて

こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

私が、今、凝っていること…
それはね……散歩!
やっと最近、外を歩くことの楽しさがわかったんだ。

これまではね、歩くことは身体にいいし、
気晴らしにもなるって勧められていたんだけど、
私としては、身体を動かす運動系のことは大の苦手で、
できれば、ゆったりソファーでコーヒータイムとかが、いいなぁ!
なんせ、家のこと、お孫ちゃんの世話、介護、そして、仕事等にかこつけて、
…優先順位の最後だったわけよ。

でも、歩かなくちゃ、とは思うから、
オーロラの3階のホールの中をグルグルグルグル…
「15分間歩く」と決めて、その間はひたすら歩く!
終わったら、「今日はおしまい!」
…笑っちゃうよね…

それが、今年の1月、伊豆高原の断食道場に行ってからかな…
自然の中を散歩する楽しさに気づいたわ・た・し。
でも、断っておくけど、
断食道場ではマクロビオティック食をしっかり食べてご満悦。
断食はしなかったのでありました。

昨日も、爆弾低気圧が去った後で、すっごい空がきれいだったね。

青空
いらない空気を吹っ飛ばして「~~~ん!」て感じ! 
いいね、いいね、いいね~~~

ちなみに、私の散歩コースは、
平井駅から歩いて5分の旧中川の川べりがお好みなんだけど、
今、土手には、たんぽぽ、ペンペン草、シロツメグサ、すみれ、
オオイヌノフグリetc がいっぱい!
かわいい雑草たちが、ここぞとばかりに繁茂しているのよ。
私は、ブルーや紫の小さな花が好きでね。
緑のじゅうたんの中に、
ポチポチポチポチと青や紫の小さな花が顔をのぞかせている。
それを見ると、幸せな気持ちになるのよ。
この写真では、みんなには伝わらないと思うけど。

土手の花
なんとも可憐で、かわいい~~~~

そして、次の写真。
さて、これは何でしょう?

影

みんなは、何を投影するかな?
オーロラのスタッフの藤森は、
肩に猫がちょこんといるようで、
かわいい、かわいい、と言うんだけど…
私はねぇ……

実は、この写真、土手の川原の散歩道、
雑草たちに魅せられて歩きながら写真を撮っていたら、
自分が写っていることに気づいたんだ。
肩のあたりのふくらみは…
風に舞い上がるトレーナーのフードなのよ。

そして、次の写真も私の影。
道路に映る自分の影と遊んでいたら…
こんなになっちゃった…

銅像
「銅像 大隈重信」なぁんてね(笑)

別にポーズをとったわけじゃないんだけど…。
……でんと人前に立ってる感じがあるよね。
仕事柄かな…しっかり、影にまで染みついちゃっているって…
すごくな~い!!

でも、何度も書いたけど、
銅像をつくるとしたら、「眉間にたてじまのるりちゃん」
と言われた25年前オーロラ設立時と比べると、進歩かもね。
自分のたどってきたこと、やってきたこと、
もっと認めてあげようって感無量。

散歩をしていると、思いがけないことにたくさん出会う。
特に、初めての道を行くときはドキドキだね。
へんてこなおじさんや、こわ~い犬…
私、犬は苦手なので、どんな小さい犬でも、こわいのよ。
身を引きしめて緊張して、そろりそろ~り。
ハァ~~~~~

ではでは、今日も散歩にいってきま~~す!
またね。
愛を込めて


 | BLOG TOP |