プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

それでは、大学を卒業するときの私に戻るよ。
大学ではマルクス主義研究会に入っていてね…
その頃は全共闘運動が盛んで、
私も新左翼の端くれだったんだ。

大学4年の10月21日、国際反戦デイ、
あの日は忘れられないね。
日本で初めて、ウーマンリブ運動が日比谷でデビューしたんだ。
私も「戦う女同盟」と書かれたピンクのヘルメットをかぶって、
スクラム組んでデモ行進。

「女解放!」、「闘争勝利!」、「家族制度を解体するぞ~」
…今考えると笑っちゃうけど、
そのときは深刻真剣、これしかないと思ってた。
外側はウーマンリブの活動家、
だけど、心の内側は…恥ずかしながら、今日はそれを話すね。

その頃の私の本心は…カレと恋愛下降線ぎみ…
うまくいかないんだよね。
なんとなく、自分は恋をしているのに、
彼とのコミュニケーションがずれてさ、
それだし、もっとひどいことに、
自分に正直になれなかったのさ。
ホントはホントはね、結婚しようって言えなかったんだ。
弱くてさ(ウフ)

心の中は、もじもじざわざわぐちゃぐちゃへなへな、
で、カレに伝えたことは…
「両親がお見合いの話を持ってきているけど、あなたどうする? 
私、決めなきゃならないわ」。
そんないやらしい会話だったのよ。それが精いっぱい。

もちろん、カレは「No」。
だけど、私の気持ちは収まらない。
カレのことで頭がいっぱいで煮詰まってて…
恋のどうにもならない気持ちが不自由で…
正直に言えなかった自分にもイライラ…
それに、カレを思い通りにできない不自由さも…
結局、心の中の全部のフラストレーションを
ウーマンリブの運動に完全転嫁しちゃったのね(笑)

いてもたってもいられない恋の不自由さが、
女であることの不自由さになり、
大上段に、女の自由と解放に向けての戦いになったというわけ(笑)

みんなも、こんなふうに自分の本心に直面しないで、
カレと別れたり、仕事に逃げたり、スピリチュアルに没頭したり、転職・離婚をしたり…etc
すりかえをしてしまうことはない? 
私の場合は、自分の言えなかった弱さを知的に合理化してしまったのね。

でも、当時はそのことにすら気がつかなかった。
自分が本当は何を感じているか、何を求めているか理解するって、
本当にむずかしいね。

そしてね、もっと言うとね…女性解放運動は、
外側の環境や差別をなくすための活動だったけど、私の根っこには、
「何かを変えたい、何かから解放されたい、人としての真のあり方を探りたい…」etc心理的な理由も越えて、魂や霊的な視点も含めた心の解放、真実の生き方を追求したいって願いがあったのだって思う…。
少なくとも、私自身の中には、この切望が心の奥底にあるのが見えるな。


では、この頃の頭でっかちで神経質な自画像を見せるね。
思いつめて固い表情をしているね。
この絵を見ると、まるごとあの頃の自分を抱きしめたくなる。
そして、言ってあげるんだ。
「よくやったね。あなたはかわいいね…そして、それしかできなかったんだよね。その行動もあなたにとって取る必要があったんだよね」って…
…今はかわいいわが子を抱くように眺めていられるよ。

自画像3


*「自分は誰か?」を模索している時期には、このような自画像が何枚も何枚も描かれることが多いね。芸術家や画家に自画像シリーズが多いのもそうだし、近いところでは忌野清史郎も思春期からたくさん自画像を描いていたって新聞に紹介されていたね。

じゃ、またね!
愛を込めて


こんにちは、加藤です。今日も邪魔するね。
前回、もてる体験書いちゃったけど、みんなは自分がもてるって思える? このもてるっていうのはね、男にもてるってことじゃなくて、自分に自信があるってことだよ。

だ・か・ら、すべてが自信があるから…うまく行っちゃう…。

多分、この強烈な自信はね、ありとあらゆることをやりにやって培われた自分への信頼かな。
だから、みんなは今、与えられたことをとことんやることをお勧めするね。それが、自信への一番の近道だと思うよ。

今日は、じゃじゃん! 
失恋の話だよ。

前回気にいった彼に結局ふられてね、サヨナラすることになっちゃった。
あんなに自信があったのにね(笑)

切られて、選ばれなかった私…。
大大大ショック!

そういう挫折体験はまた、あのトラウマが再燃してくるんだよね。
いつもの自動的なパターン。
母に愛情を切られた体験。
本当に大切な人には愛してもらえないんだって思う…
それで一気に下降線。抑うつまっしぐら…

どうにでもなれ、
苦しい気持ち、
荒れた心、
心は定番のどん底、
ぽっかり空いた心の空洞、
これも定番だね(笑)

振られて家出しっちゃったりして
家では、警察に家出人捜索願いを出していたりして、

警察は、「まあ、こういう高学歴の人は少ししたら帰ってくるでしょうから…心配はいらないでしょう」と無責任な経験知な言葉

挫折・抑うつ、そして、いてもたってもいられない家出という行動化。
これはすごく自然な、意識しないと表れる反応なんだよね。
今ではそう思えるけど、あのときはヒロイスティックな自分の抑うつ状態に酔っていたよね。

結局、家に帰り…父に初めてぶん殴られた。
あんまり強くなぐるので、身体が飛んだんだよ。
ちょっとはずかしいけど、私は20才を過ぎていたのにおもらししてしまったくらい(笑) 
すごく恐かったんだね。

でも、父にぶん殴られたとき、初めて父の愛を感じたんだよ。皮肉だね。父は、子育てには無関心、仕事ばかりで嫌いだなと思っていたから…。

今日はここまでね。

絵は悲しみに沈んだインナーチャイルドのように見えるでしょ。力なげに目を閉じている。でも、右の背景に描いてある朱色、私本来のエネルギーや強さが表れている。結局何があっても負けないんだよね、私って…

自画像2


それじゃ、またね。
愛を込めて

こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。3月のこの時期になると、みなさんからうれしいお便りが届きます。今回は、昨年10月から今年3月半ばの約6カ月で77件の就業実績だよ! みんなすごいね。私も、みんなの便りに励まされているんだよ。ありがとう!

さて、今日から青年期に入るね。青年期のテーマは…もちろん、「こい」…池の鯉じゃないよ。「恋」

私の初恋は、小学校。いじめっ子から助けてくれた潤ちゃん。でも、本格的な恋は大学のときだね。文学少女だった私は、その延長線上で、ちょっと影のある前髪がさらっとたれていて、手でかき上げるしぐさがかっこいいやさ男に惹かれたね。

彼の住んでいる駅や乗り換えの駅で、何時間も待ったな。驚かせてあげようと思って…

えっ!? 
いじめられっ子だった私が、何でそんなことができたかって? 
それはね…きっかけは、大学1年のときの合同ハイキング。

うぶな私は他校との交流会と思って参加…

まずは、校歌の交換…相手は全員で校歌を熱唱。
そのあとうちの番…しかし、うちは歌える人がいない…私以外は…
まごまごしていたら、相手の学生から
「校歌も歌えないの? 信じられな~い」

その言葉を聞いた途端奮起! 
「なによ! 私が歌ってやるわよ」
気がつくと、先頭に立って一人で歌っていた。
(私だけが中学から大学まで付属で、校歌を知っているのは私しかいないということもあった)

私って、こんなことできたんだ!
私の後ろに自信なさげに並んでいる友人たちを見ていたら、
「みんな、小さくなっている
 私って、結構…すごいじゃん」

そしたら、相手の男子学生からも話しかけられる、
次々話しかけられる。
「勇気ありますね」
「よく歌ってくれましたね」etc
こんなに注目されるなんて…びっくり!

二重に自信ができてしまって態度一転。
自然と明るく、笑顔が出てくる。
話を聞いていると、男たちの抑えている気持ちがよく共感できたり、
わかったりする…

あ、幼少期の私と同じ…
きっと、聞いてほしい、わかってほしい、なぐさめてほしい、
って思っている。
それがビンビン伝わってきちゃう。
母から愛情を切られ、いじめっ子にいじめられていた体験が
プラスに働いて、人の気持ちがわかるようになっている。
…だから、向こうも結構私を気に入ってくれた。

初めての合ハイなのに、男女関係について妙に自信をつけてしまい、なぜか自分の存在そのものにまで自信をつけて…今までの劣等感から優越感に転換。すごいことが起こってしまった! 

一つ自信をつけたら、行動や周りの対応にも変化が…。
「いてもいなくてもよい子」が、役員選挙に推薦され当選。
これ、初めての体験なんだ。
これまで選ばれたことが1回もなかったから、うれしかったな。
もちろん、カレもできたよ!


次の絵は、大学時代、日本画で描いた自画像だよ。
意志も強そう…でも、不安がいっぱいのようにも見えるね。

自画像


最後に、一つだけもてるコツを教えるね。
自分のさみしさや表現できない思い、孤独はみんな同じに持っているので、自分にかけてもらいたい言葉を相手にかけるといいよ。

ちなみに、愛する主人ともそのときの合ハイで初めて会ったんだよ。
途中まで送ってくれた主人に、
「お休みなさい、ゆっくりと」
手帳に書いて渡したんだ。


それじゃ、またね。
愛を込めて

地獄谷にて

こんにちは、きょうもお邪魔しますね。

今長崎県雲仙普賢岳の地獄谷に来ています。
オーロラの
「アートセラピー・インストラクター・コース」、
「メンタル・アートセラピスト養成コース」の
修了式も終わり、ひと休み。

家族7人と骨休み。

おさしみ(伊勢えび)はうまいし、
海はきれい、
温泉はグッドで、いうことなし・・・。

地獄谷の写真を送るね。

卵


おもしろい案内板の写真も送ります。

看板


けむりもくもく、源泉がぶくぶく。
しっかり地獄めぐりをすませましたよ。
じゃ、またね。


愛を込めて
加藤るり子

月経ごっこ

こんにちは、今日もお邪魔しますね。
きのうも千葉県沖で震度5強の地震があったね。
余震に慣れてしまったけど…
あの東日本大震災、原発の事では、家、仕事、土地、お金、健康、家族…手にはいっていたものがなくなっていく…。一体、失わないものは何なのか、死ぬとき持って行けるものは何なのかって考えるよね。

私も63才だからわかるけど、豊かだったおっぱいはたれ(笑)、歯はガタがくるし、頭はどんどん薄毛になるし…はぎとられる感じだよ。

でも、それって本当に必要なものじゃないよね。だって、老いもまた自然のプロセスの一つだからね…。「こうあったらいいな」ていう現実ではない執着を手放したら、ずいぶん薄着になって透き通るようになってきた…。今、うれしいんだよね、生きることが。そしてすべてのことがありがたいんだよね。本当に大切なものはなくならないんだよね。

今はそう思えるようになったけど、昔はとてもそう思えなかったね…
今回は幼少期のしめくくりとして、性の目覚めについてお話しするね。

生理が始まったのは、中学1年の頃だったんだけど
母がお赤飯炊いてくれたんだ…
だけど、私は素直に喜べなかった。
だって…
女になってしまったことを父やみんなに知られてしまうんだよ…
屈辱感…

まずは、生理が始まったばかりの頃の私の絵。
固いね。無理しているね。苦しいね。
カチカチになっている人形だね。

 雛人形

電車の中でも、
男の子の前に座ると顔が真っ赤になってしまって…
(条件反射的で、どうにもならないんだ)
それが嫌で、読みもしない本を広げ、何でもない振りをしていた。


でも、家では…
3つ下の弟とその友だちをつかまえて「月経ごっこ」

まず、お人形のおまたに脱脂綿をはさむ。
そして、今度はそれを取り出して赤鉛筆で色を塗り、
また人形のおまたに戻す。
赤鉛筆は月経の経血のつもり…

それを、弟に見せて
「きょうは生理なの。見せてあげるわ」
弟は、私の手下で、唯一言うことを聞く相手だった。

考えてみると、すごい遊びだよね。
思春期になって、身体が「おんな」に変わりつつある…
心の中でうごめく衝動…
ひとりエッチが始まる。
それに対するすごい罪悪感も生まれる。

心にたまったもやもやを
弟や弟の友だちに発散していたんだね。


性は「生」。性は「聖」なるものへの希求。本来、ものすごいものなんだよ。生命の炎だと今は言える。このエネルギーをどう使うかは、人の重要なテーマなんだよ!

だけど、あの当時は何が何だかわからなかった。
屈折していたね。どうにもならなかったよ。
自分が変になったのかと思った。


愛を込めて
加藤るり子
こんにちは、今日もお邪魔しますね。
きのうは3月11日、東日本大震災からちょうど1年。「アートセラピー・インストラクター・コース」の上級コース、「メンタル・アートセラピスト養成コース」の認定試験の日。まずは、全員手を合わせて黙祷から始まりました。

震災のこと、この1年じっくり考えたよ。この世は無、そして光だということ(これについては、またお話しするね)、そして生命のことだよ。

私の生命、生命、生命って…

そしたら、一つ思い出したことがあるんだよ。
私ね、物心ついたときからず~っと続いていた感覚があったんだ。

寝る前のほんの少しの意識があるかないかのとき…
眠りに入る、うとうとみたいな…
宙に浮くような気持ちのよい快感があってね…

私の場合、くちびるを上下にパクパクさせるような身体感覚があって…
そうすると、しろい、まる~い、やわらか~い、
ほんわりした羽のようなものが周りに広がる
なんて幸せで、満たされて、安心できる感覚なんだろう!

30代半ばのあるとき、突然、気づいたんだ。

あっー、コレって、おっぱいだ、おっぱいだ!
お母さんのおっぱいを吸っている感覚だ。

わかったときはうれしかったね。
白い母乳が口の中いっぱいに広がっていく快感…
母とのきずな、生命はこうしてつながっていくんだって思った。

このおっぱい体験は、私の人生最初の体感的記憶なんだけれど、
人生最初の記憶は母との辛いトラウマ体験かな!?

母は戦後まもなく8人兄弟の長男に嫁ぎ、姑、小姑、親戚まで同居する家族の中で生活。特に3才下の弟が生まれてからは、ほとんどノイローゼ状態で、私は全然かまってもらえなかったんだ。

でも、まだまだおかあさんが恋しくて恋しくてたまらない…
「おかあさ~ん」って、すがりついていくんだ。
母は、その頃着物を着ていて、私が近づくたび、着物のたもとで私を振りはらうんだ。

「バシッ!!!!!!!!!!!!!」

その音は、今でも覚えている。
目の前で扉が閉ざされる音、
心が凍りつく音、
一人、取り残される音…

つらかった……

母については複雑な思いをずっとひきずっていた。
次の絵は、思春期の私の版画…
実は、自分の家族じゃないんだ…うらやましいって思っていた友だちの家族を描いたんだ。
「いいな、お友だちはひとりっこで…。いいな、愛情を独占できて…」
…甘えたい気持ちと一人で我慢しなくちゃという気持ちが葛藤していた。

  家族版画
 

一方、次の絵…
これも思春期まっただ中の絵。
タイトルは、「血液の中のバクテリアと白血球の戦い」
すごいでしょ?


画用紙の裏にはこう書いているのよ。
「…そして、バクテリアが白血球によって食べられてしまう。血液は、争いのため、にごっている…」
思春期特有のエモーショナルな葛藤…
右上には渦巻き…母に呑みこまれている感じ、逃れたい感じ…
そして、女としての葛藤も始まってきたね…

  バクテリア

今回は、幼少期の最良の体験と、最悪の体験…
さあ、これからいよいよ「女として生まれた訳」に迫っていくよ!

それじゃ、またね!
ブログのお便りありがとう。みんな読んでいるからね!

愛を込めて
加藤るり子

こんにちは、今日もお邪魔しますね。
昨日、オーロラの卒業生から突然電話をもらいました。
「お父さんが亡くなりました。本当にありがとうございました」

彼女は、オーロラ受講時、15年間お父さんと絶縁状態でした。教育分析プログラム1が終わって、「絶対許せない」と思っていたお父さんに会いに行きました。実際に会ってみると、この15年間が何だったんだろうと思うほどわきあいあい、自分の怨念や妄念が溶け、お父さんとの和解を体験したのでした。

そして、今回の電話は、お父さんとしっかり関わることのできたこと、そして、お父さんを見送ることができたこと、その報告だったんです。電話口の向こうで涙している彼女を感じました…よかったね!

私たちは、たくさん思い込みや「許せない」と思う昔のことを持っていますよね。


私も中学のとき…
私の小学校はみんな私立を受験する生徒ばかりで、母は大学までの一貫校を勧め、塾や家庭教師で、私は大変! 知り合いの先生にもごあいさつに行ったりして…
母は一生懸命たっだけど、私は…ちょっとうしろめたかったな。

試験は無事合格!
でも私…学校でその知り合いの先生に会うと、すごく緊張したんだ。
そして、最初の授業のとき…
その先生は、いきなり私を指して(もちろん好意からなんだけど)、
「教科書を読みなさい」

え~~~~~っ!?  身体はガタガタ、心臓はバクバク…
目の前は真っ白……字も見えない…
ああ、どうしよう、どうしよう…
でも読まなくっちゃ…

「に、に、に、に、に、に、にほんの…ふ、ふ、ふ…」
ああっ、ダメ…、言葉にならない…

あげく壊れたレコードみたいに同じ行を3度も読み、
最後にはとうとう声が出なくなっちゃった…

それからというもの、国語であろうと、社会であろうと、本を読まされると、身体が震え、声が出ない…落ち着こうとすればするほど、あがってしまう……自分ではどうすることもできなかった

緊張症、あがり症、症状出現だよ。

しかも、その先生、これも気遣いからなんだけど、「私が担当するクラブに入ったら?」と誘ってくる…

二つ返事で、「は、は、はい」と嫌も否もなく入部。繊維工芸部で、ひたすら言われた通りに、絹糸を一針一針刺繍する日々。あの頃は、物を言わない分、一刺しに自分の感情を込めていた…正直に言えない自分、言われるままになっている自分…

でも、ひたすら物を創る作業は私に合っていたようで、結局、中学・高校6年間続けた。しかも、高校3年のときには、みんなが受験で必死こいていたのに、私はその体制に背を向け、日本刺繍一本。社会のレールにのることを拒絶、反抗的な私がいたのです。

では、その怨念の日本刺繍…見せちゃうね。うふっ
モノクロの写真が、私の作品。
下のカラーの写真は、私がデザインを模写した皆川泰蔵氏の染「寂光院の庭」

日本刺繍1


日本刺繍2




こんにちは、またお邪魔しますね。
みんな、いい状態をキープしていますか? 
昨日は、「アートセラピー・インストラクター・コース」の認定試験。
セミナー・ルームは、50名を越える人で熱気むんむんでした。
せまくて、ごめんね。

そして、試験の結果は……

こういうふうに書くとどんな気持ちが湧きあがってきますか? 
「私は大丈夫」、それとも、「追試かも…」
あなたはどちらのタイプ? 

マインドは自動的に否定的に考えるくせがあるから、
不安に焦点をあててしまう人も多いかもね。
だから、自分のマインドを意識することはとても大切! 
もし、否定的に考えていると気づいたら手放しましょう。

いい状態になれれば、
「最善は尽くしたから、結果を待とう。落ちたとしても、
それはそのとき」と、楽になれるよ。

そして、これが意識的に生きるということ!
(修了生のみなさん:試験の話はたとえ話だからね)


さてさて、前回のブログの続きね!

小学校も、私は小さくなってたよ。入学式に早速、いじめっ子に、
ランドセルに爪で、ぎーっとひっかき傷つけられちゃった
(そのランドセルを6年間背負って行ったんだよ)。
そして、担任の先生の私への評価は、「いてもいなくてもいい子」。
それって、ひどくない? 
それくらい目立たない子だった。

だからね、決めたんだ。
「みんなと同じにしよう!」って。

一生懸命声を出して、「クー子」、「カー子」って、
あだなで友だちを呼んでみた。
そしたら、仲間に入れてもらえた。
それからは、金魚のふんのように、みんなにくっついていく子になった。
特に力のある子、明るい子の後にね。
自分を売り渡した気がしたけど、自分を守るためには仕方なかった…

そして、その頃の私の絵がコレ!
  
  金魚のふん


固い絵でしょ? お行儀よく正座している。
自分の背後に黒い顔が見えるでしょう? 
それが本当の私…

かわいそう…


前回のブログに、「加藤先生にもそんな内気な時代があったんですね」
とコメントもらったけど…そうなんだよ、意外でしょ? 
そんな私が今は……

人って変われるんだよ…このブログが、みなさんの勇気づけに
なればいいな! と思っています。

3月は卒業シーズン。
9日は、「アートセラピー・インストラクター・コース」の卒業式。
お祝いだからね。私も、騒ぐんだ!


大好きだよ
加藤るり子

こんにちは、加藤るり子です。お元気ですか? 
ちょっとブログにお邪魔します。

今日は、オーロラの「アートセラピー・インストラクター・コース」のセッションです。毎回毎回、たくさんの受講生のみなさんとご一緒できるのが、ホントにうれしいです! でも、いつも思うんだよね。私が、こうしてファシリテーターとしてリードしているなんて、信じられない、奇跡だって…

だってね、私は、幼稚園にいると、ひとこともしゃべらない場面かん黙児だったんだ。長いおさげがみをひっぱられたり、つねられたり、いじめられて、一言もしゃべれなくなっちゃった…双子のいじめっ子

あの頃はつらかったな…今でも覚えているよ。みんなが教室に入った後、一人ポツンと園庭に残されて…みんながさっきまでこいでいたブランコがギーギー音を立てて揺れているのを聞きながら、おひさまを見ていた。

おひさまは、あったかかったなー

それで、家に帰ると、「月をみて泣くお姫様」という絵を毎日描いていた。「私は、今はいじめられているけれど、本当はお姫様。いつか月から助けが来る」。涙は、心理学用語でカタルシス(浄化)を表すなんて知らなかったけど、何枚も何枚も描いて、自分をなぐさめていた…


107_convert_20120304151808.jpg




次に、青鬼と赤鬼を大きく描いて、黒いクレパスでバツをつけるの。それが気持ちいいの。鬼は、もちろん双子のいじめっ子! 私は、絵のおかげで、一度も不登校にならず、幼稚園に通えた。「アートセラピー」なんて言葉は知る由もなかったけど、それが、私とアートセラピーの最初の出会い。

絵は、私を救ってくれたんだ!

だからね、そんな私が、今、みなさんの前でペラペラ話す仕事をしている…信じられないでしょ? 誰より、私が一番驚いている。

人は、本当に変わることができるんだよ。

これこそが奇跡だって、今、実感している。

今日は、3月3日の女の子のお祝いだね。みんなは女の子に生まれてよかったと思っている? 私は、もちろん「Yes!」だよ。「おんなってすてき!」。今日はお祝いだよ。


愛を込めて
加藤るり子


 | BLOG TOP |