プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


お花見の季節になりましたね!

つい、2,3週間前までは、無彩色の枯れ枝だったのに、
つぼみが膨らんでくるにつれ、
木全体が、うっすらと淡いピンク色のベールをまとう。

とりわけ、夜、開花まもない木が、まだ花もつけていないのに、
ぼおーっと、かすかな発光体として浮かび上がる様は、
満開の桜とはまた異なった趣があります。

その年によって、早い遅いはあるにしても、
春になると必ず花を咲かせる、その様子は、
人もみな、時期が来れば開花するんだ、ということを
教えてくれるようで、うれしくなります。

ちなみに、仏教で、蓮の花が聖花とされているのは、
あだ花がないからだそうですね。
つぼみがついたら、すべて花を咲かせるそうですよ。


さて、最近、何人かの方から、
「感情が出てくると瞑想できない」との話を聞きました。
確かに、そうなんですよね。

怒りなんかはてきめんですが、ほかにも・・・
「自分は、これでいいんだろうか、ほかにやることがあるんじゃないか」
とあせっているとき、
「私が悪いんだ、私がダメなんだ」
と責めているときなど・・・
あと・・・気分が高揚しているときや興奮しているときも、
座ることはもちろん一箇所に落ち着いていることもできません。

個人的には、感情や思考は、形はないけれど、身体を動かすエネルギーような持っている、と思ってます。

・・・というのは、
私には、子供の頃から、感情や考えが活発になってくると、
じっとしていられなくなるというくせがあり、
しょっちゅう部屋の中や家の外を歩きまわっていたからです。
学生時代などは、机に向かっている時間より、
外を徘徊していた時間の方が断然長かったものです。

多分、身体を動かすことによって、感情や思考から生じたエネルギーを消化していたのでしょう。
感情や思考が落ち着いたとき、
「ああ、これで終わった」
と思って、机についたことを覚えています。

また、感情や思考は、そのエネルギーに沿ってあげることで消えていくこともありますね。
小さな子供の話に耳を傾けるように、自分の心に耳を傾けてるのもいいかも・・・。

いずれにせよ、一つ思うことは、
その感情や思考が、
自分を高揚させるものであれ、抑圧させるものであれ、
いつかは消えていくということです。
これが、残念でもあり、うれしいところです。


さてさて、桜は、移ろいやすさの象徴でもありますが、
桜を楽しむように、自分の感情や思考も楽しめたらいいな、
と感じてます。

(Jnana Wrote)




先日、2週間ぶりでハタ・ヨーガをやっていると、
「肩のあたりが詰まっていて、いつもと身体が違うけれど何かあった?」
と声をかけられました。

瞬間、「ムッ」として、言葉が出てきませんでした。
あまりにズボシで、受け入れることができなかったからです。

実は、この2週間、ある人を拒絶していて・・・
理由は至って単純で、
会うたび、同じ話をされるのと、そこに自己正当化が見え隠れするのがイヤだったからです。
だから、拒絶することで距離を置こうと・・・

・・・でも、イライラだけは残ってしまったようです。

その人とは、とりあえず没交渉なのに、気がつくと、
「なんで、あの人はああなのかしら」と批判していたり、
また、関係ない人にもイライラが出たり、話を曲解して聞いていたり、
全部聞かない内に反論が出たり・・・

もう、相手うんぬんの問題じゃないな・・・でも、どうしたら・・・
と思っていた、ちょうど、その矢先の言葉でした。

その人は、肩が開くようにそっと手を触れ、
それによって、上半身が開き、全身がリラックスするのを感じました。
そう、呼吸がストンと落ちた! という感じです。

相手を拒絶していただけ・・・しかも私の方が正しいと思って・・・のつもりだったのですが、
実は、そのこと自体が、私自身の身体の自然な流れをも緊張させ、拒絶させていたことに気づかされたのです。

身体は定期的にメンテナンスを行うと、正直に精神状態まで反映させてきます。
「これが正しい」、「Aがいいか、Bがいいか・・・」etc
と思い込みすぎると、身体もまた緊張するようです。

呼吸を身体の中まで入れること、そして、身体を柔らかく保つことが、
視野を広げ、選択肢をも広げてくれるようです。

ちなみに、この後、拒絶していた人にメールを出すことにしました。
「書きたい!」と思えた自分の反応の変化に、
とりあえず、感謝です!

(Jnana Wrote)


猫話

先日、加藤さんが
「猫って、川で魚を取ることがあるの?」
というのでちょっとビックリ!

高校の頃まで、猫と一緒の生活をしていて思うのですが、
猫って、本来は自立的な動物ですよね。

昔は、ねずみを取るために猫を飼っていて、
特に、土蔵やお蔵を持っている家は、
その中にわざと猫を何日間か閉じ込めてしまうのです。
そうすると、猫は、ねずみをとらざるをえないわけです。

うちの猫は、三毛のメスでしたが、
かなり気の強い猫で、
ねずみはもちろん、鳥やうさぎ、へび、鯉もつかまえてきたものです。

池の縁にじっと座って待ち、
鯉が水面に浮かび上がってきたところを、前足のツメでひっかけて、
池から引き出すようにして、魚釣りをするのです。
結構、上手なので、猫を飼っている家はどこも、
水面を低くしたり、網で囲いをかけたりするのですが・・・
そうすると、今度は他人の家の池を狙いにいくわけです・・・

ま、池の鯉だけだったらいいのですが、
時には、どこかの食卓に並ぶはずだった魚まで・・・

何で、こんなに何を取るのかわかるかというと、
猫には、獲物はその場で食べずに、必ず飼い主に見せる習性があるからです。
しかも、必ず決まった場所で食べるという・・・

ちなみに、持ち帰る獲物が四足の動物の場合、
頭がついていたことは一度もありませんでした。
人間も、戦いで相手の「首」を持ち帰るという習慣が全世界的にあったようですが、
「頭」って、本能的に何か特別な意味があるんでしょうかね・・・?

うちの猫がこうだったのは、
えさが足りなかったわけではないのですよ・・・念のため!

家猫であっても、動物としての本性と気概を備えていたところが、
猫がかわいい、と思えたところなので、
加藤さんの発言に代表されるように、
猫は、すっかり愛猫用になってしまったんだな、と少し残念です。

でも、翻って考えれば、
人間も、もしかして囲われている猫のようになっているのかも・・・
囲われた中での安心、囲われた中での幸せ・・・
できるなら、かつて飼っていた猫のように、
私自身も、自分自身の力で自立できるような気概と自由さを
持ち続けたいな、と思っています。

猫にからんで、そんなことを感じています。

(Jnana Wrote)










 | BLOG TOP |