プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


私は、夢日記をつけるようになって何年か経つのですが、
何年か前、同時期に、似たような夢が集まってくるという体験をしました。
私が同じシリーズの夢を見るというのではなく、複数の他人が、私に似たような感じの夢を話してくれたのです。
それらの夢の概略は・・・

「自分(夢主)もナチス側だったけど、私もナチス側だったという夢」

「自分(夢主)と私はレジスタント運動を続けてきた。私はまだ逃げ切れると思っているが、自分はこれ以上続けられないので投降するつもりだと告げる」

「自分(夢主)は、かつて大弾圧をした。その報いを受けるのが嫌で、中国の片田舎にひっそりと移り住んでいる。しかし、そこに追手が現われ追及されるが、自分は『してない』と必死で抵抗している」 

その当時、私自身も、ナチスやレジスタントの抵抗運動の夢で見ることが多かったので、これらの夢を聞いたときの感想は・・・

ああ、これはカルマの夢・・・すごいな・・・しかも、そのときの体験を共有した人が、今生、私の身近にいるってこと? しかも、たまたま同じ時期に、互いにつながりのない人から、こんな夢を聞くなんてすっごい不思議・・・夢が夢を呼ぶということがあるんだ!

と、ちょっと浮かれ気味だったわけです・・・。

しかし、つい昨日、フトした瞬間にこれらの夢がよみがえったとき、
これ、カルマだけじゃない、共通の現実的なメッセージがある・・・・・
「責任を取りなさい」というメッセージ・・・ 

・・・・・考えてみれば、この夢の話を聞いたときも、「オーロラ」にいたんだ・・・
「オーロラ」は、日本で初めて絵画療法士の講座を開設し、その後、9年間のブランクがあって、昨年再オープンしたセラピーの会社です。

私は、アートセラピーの各種講座をやっていたときにもスタッフとしていたのですが、たまたま、社長が再オープンを決めたときに、フリーだったので、今また「オーロラ」にいるわけです。

でも、私の意識の中では、
・・・オーロラは、社長のもの・・・だから、私はお手伝い・・・という気持ちが、ずっとあって、これだと、言われたことはやるけれど、私には関係ない・・・というスタンスで、
仕事に対して責任を取っているとは言えないかもね・・・
・・・ああ、だから、この仕事が再び戻ってきたんだ・・・これって、完全なカルマ。

じゃ、とりあえず、今、私がやることって何だろう?
・・・これも、今回、これらの夢のプロセスが教えてくれたようです。

スピリチュアルな体験は本当に素晴らしいものですが、それだけでなく、必ず、あなたが、今、目を向ける必要があるものを教えてくれています。そのメッセージを取り、現実に生かすこと! それこそが、スピリチュアルな体験を日常の中で生かし、その体験を維持していく方法です。

私もまだ実践中の身なので、えらそうなことは言えませんが、自分の体験の中から、自分なりの視点の中から、伝えていこう! と思ってます。

・・・こう書くと、ちょっとえらそう? 自分でも、ちょっと恥ずかしいので、今回はこれで退場します・・・

それでは、また!

(Jnana Wrote)

今、ちょっと体調を崩し、ゲホ、ゲホ、セキをしてます。

私にはよくあることなのですが、
実際には、身体は冷えているのに、感覚的に暑い、と感じてしまう・・・
私は、これを「fake(フェイク)」、「偽の感覚」と呼んでいて、
わかっていたのに、これに左右され、
冷房をつけてしまったために、さらに身体が冷え、
のどにイガイガができたというわけです・・・しかも、この間15分という早さで。

さて、この「偽の感覚」ですが、ちょっと面白い体験をしました。
先日、あるところで、簡単なハタ・ヨガのストレッチのリードを行い、その後、瞑想に入るというセッションを行いました。

リードし終わって、さて瞑想・・・
マインドは、ちょっと興奮状態で、
「ここはどうだった、あそこは・・・。あの人は大丈夫かしら・・・」
と、自動的にセッションの振り返りをしています。
(これを、Aマインドとしましょう)

すると別の考えが、「今は振り返りせずに、瞑想に集中すれば・・・」
と主張を始めます。(こちらは、Bマインド)

いつもだと、これが、自分の頭の中で行われるのですが
・・・そのときは・・・
Aマインドが右目のななめ前に、
そして、Bマインドが、左ひざの前に、実際に見えるのです・・・・・

アレレッ? 私のマインドなのに、私の身体の外にある。
しかも、独自のエリアを持ち、その中で勝手に言葉を作り出している・・・

マインドって、私とは別のもの?
反省も、「やるべき」と思うことも、
どっちも「フェイク」・・・? 
そう納得したとき、目の前に、細かな光の格子が縦横に入っている漆黒の闇が現れました。それは、巨大な筒状になっていて、上にも下にも無限に広がっているようでした。
そして、そこから声が・・・
「これは、永久につながっているから、落ちることはないんだよ」

その言葉に安心して、その中に入った途端、
ストンと瞑想に入ってしまいました。
何の考えも浮かばない濃密な静寂な世界・・・

自分の身体の中に入ったという感覚・・・
いるべきところに、自分が納まったという感覚・・・
そのとき訪れる感覚・・・究極、これだけが「real(事実)」なんだろうね・・・

私たちは、考えること、やることが重要だと思うけれど、この体験は、いるべきときに、いるべき場所にいさえすれば、起こるべきことが起こってくるんだ、と感じさせてくれた体験でした。
多分、「フェイク」のマインドに浪費されないこと・・・

でもね、「フェイク」のマインドや行動は、必ず立派な正当性やご利益やらついているので、なかなか・・・むずかしいです。今回の風邪のように、「フェイク」とわかっていながら、そちらに従ってしまうこともあるしね・・・食欲なんて、もっとテキメンですよね。食べたくないのに、なぜか手を伸ばしてしまう・・・

そうだね、いつか、今度は「フェイク」な考えが、どういう風に行動を創り上げていたかおもしろい体験もシェアしてみたいと思います。

それでは、また!

(Jnana Wrote)


さて、ハタ・ヨーガのストレッチの続きですね。
その前にちょっと、私の身体についての会話を紹介しましょう。

私が、なぜ、身体を動かすことが「めんどくさい」と思うのか?
・・・多分、自分の身体が好きじゃないから・・・かな?

10代、20代の頃って、誰でも、人からよく思われたい、愛されたいって思いますよね。
でも、アマノジャクな私は、
愛されたい・・・でも、努力して愛されないのは、もっとイヤ! と思って、
外見を無視することにしました。

服装も気にしない、化粧もしない・・・
体重は、70Kgを遥かに越えて・・・ああ、これなら安心、もてなくて当然・・・
傷つきたくなかったんだよね・・・
一喜一憂する生き方より、楽な生き方の方がいいやって。

要は、自分で自分が好きじゃないから、ほかの人が自分を好きになるわけない。
もちろん、そんな気分だから、
鏡で自分の姿を見ることも、自分の身体を触ったこともないという状態。

・・・・・そんな私の身体に変化が現れたのは、瞑想を始めてから・・・・・。

初めて瞑想をしたのは、アシュラム(道場)だったのですが、そこで、無条件に受け入れてもらえる愛、を体験しました。
それまで、愛って、誰か他の人や物などの対象物に感じるものと思っていたのですが、そうではなく自分の中に自然とあるものなんだって。

心の中に満足感ができると、私の場合、食欲もまたなくなっていきました。
おそらく、愛で満たされない分を食欲で満たしていたからでしょう。
それまで、満腹でも食べるし、味わうより量を食べることが優先だったのですが、それが自然と、満腹時にはそれ以上食べられなくなるし、おいしいと感じられるものを選んで食べるようになりました。

結果・・・別にその気はなかったのですが、数年で、10Kg以上のダイエットに成功! 
もちろん、一度もリバウンドなし、です。
ちなみに私のダイエット体験から言うと、
一番効果があったのは、外食をやめること! でしたよ。
・・・というより、外食が口に合わなくなってしまったのです。 

自分で言うのもなんですが、身長が165cmあるので、結構、スタイルはよくなったかな? 
スタイルがよくなると、次の課題は、自分を美しく見せること・・・
・・・と、人は言うんだけど、これがなかなか大変です。
美しさは、外見だけでなく、内面から・・・と思うのですが、
長年、美しさ(特に外見の)を否定してきた私にとっては、たか~い、高いハードルです。

・・・・・その一つの方法が、ハタ・ヨガなので、つい「めんどくさい」と思ってしまうんですね。
でも、身体は、ちょっと動かすだけで、たくさんのことを教えてくれます。
次回は、先日、ハタ・ヨガのストレッチから教えてもらったことを少し紹介しましょう。

それで、また!

(Jnana Wrote)

 | BLOG TOP |