プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


本当に、遅ればせながら・・・
今年もよろしくお願いしますね!

ちょうど今頃は、新年会ラッシュの頃でしょうか?
私も先日、東京タワーの真下にあるお店に行ってきました。
東京タワーなんて、何十年ぶりだったかな?
でも、夜、下から見上げると、ライトアップされ、そびえたつ姿が美しく、思わず魅了されてしまいました。

さてその翌日、ある人の初夢に私が出てきたので、シェアされたのが、
「私が、地下室にいるヒーラーから、第二チャクラを活性化するといいですよとアドバイスを受けている」という夢でした。

東京タワーは、言うまでもなく男性性のシンボル。
地下室は、女性性・・・

日頃、判断・批判・合理化精神の旺盛な私は、
とかく考えすぎて、結局やらない、やってもムダだと切り捨ててしまうことが多いのですが、
夢のメッセージは、
女性の特質である共感・感受性を高め、
周囲のものを受け入れることを学びなさい、ということでしょうか。

私の場合は簡単にいうと、これから出会う出来事、人、物事に、
Noと言って拒絶するのではなく、Yesと言って受け入れ、楽しみなさい、
ということでしょう。

それと、私も更年期の年頃ですから、女性としての身体を慈しみ、ケアする必要も告げてきているのでしょう。この時期の心身のケアは、老後を迎える準備という意味でも大切でしょうから・・・
(それに、自分の身体の変化とつきあいながら、それをどう心理的、魂的に昇華していくのかは興味のあるところです)

でも、それにしても、
東京タワーを見た後に、この夢をプレゼントされるというタイミングにもビックリ!です。
男性と女性の結婚が子供をもたらすように、
男性性と女性性の結合は、創造性をもたらします。

東京タワーと地下室・・・
自分の中で統合が起こることで、今年、「私のもの」と言える作品が創作されますよ、という予告とサポートとして受け止めています。

どうぞ、今年も、皆さんにとってよい年でありますように!
ホントに、遅ればせの挨拶で申し訳ないのですが、
今年もよろしくお願いします。

(Jnana Wrote)

追伸:オーロラで初夢のワークショップが開催されます。日時は、1月27日(日)午後1~6時です。詳細は、次のアドレスにアクセスしてみてくださいね。

http://aurora-shakti.com/oneday.html



私は、夢日記をつけるようになって何年か経つのですが、
何年か前、同時期に、似たような夢が集まってくるという体験をしました。
私が同じシリーズの夢を見るというのではなく、複数の他人が、私に似たような感じの夢を話してくれたのです。
それらの夢の概略は・・・

「自分(夢主)もナチス側だったけど、私もナチス側だったという夢」

「自分(夢主)と私はレジスタント運動を続けてきた。私はまだ逃げ切れると思っているが、自分はこれ以上続けられないので投降するつもりだと告げる」

「自分(夢主)は、かつて大弾圧をした。その報いを受けるのが嫌で、中国の片田舎にひっそりと移り住んでいる。しかし、そこに追手が現われ追及されるが、自分は『してない』と必死で抵抗している」 

その当時、私自身も、ナチスやレジスタントの抵抗運動の夢で見ることが多かったので、これらの夢を聞いたときの感想は・・・

ああ、これはカルマの夢・・・すごいな・・・しかも、そのときの体験を共有した人が、今生、私の身近にいるってこと? しかも、たまたま同じ時期に、互いにつながりのない人から、こんな夢を聞くなんてすっごい不思議・・・夢が夢を呼ぶということがあるんだ!

と、ちょっと浮かれ気味だったわけです・・・。

しかし、つい昨日、フトした瞬間にこれらの夢がよみがえったとき、
これ、カルマだけじゃない、共通の現実的なメッセージがある・・・・・
「責任を取りなさい」というメッセージ・・・ 

・・・・・考えてみれば、この夢の話を聞いたときも、「オーロラ」にいたんだ・・・
「オーロラ」は、日本で初めて絵画療法士の講座を開設し、その後、9年間のブランクがあって、昨年再オープンしたセラピーの会社です。

私は、アートセラピーの各種講座をやっていたときにもスタッフとしていたのですが、たまたま、社長が再オープンを決めたときに、フリーだったので、今また「オーロラ」にいるわけです。

でも、私の意識の中では、
・・・オーロラは、社長のもの・・・だから、私はお手伝い・・・という気持ちが、ずっとあって、これだと、言われたことはやるけれど、私には関係ない・・・というスタンスで、
仕事に対して責任を取っているとは言えないかもね・・・
・・・ああ、だから、この仕事が再び戻ってきたんだ・・・これって、完全なカルマ。

じゃ、とりあえず、今、私がやることって何だろう?
・・・これも、今回、これらの夢のプロセスが教えてくれたようです。

スピリチュアルな体験は本当に素晴らしいものですが、それだけでなく、必ず、あなたが、今、目を向ける必要があるものを教えてくれています。そのメッセージを取り、現実に生かすこと! それこそが、スピリチュアルな体験を日常の中で生かし、その体験を維持していく方法です。

私もまだ実践中の身なので、えらそうなことは言えませんが、自分の体験の中から、自分なりの視点の中から、伝えていこう! と思ってます。

・・・こう書くと、ちょっとえらそう? 自分でも、ちょっと恥ずかしいので、今回はこれで退場します・・・

それでは、また!

(Jnana Wrote)

 | BLOG TOP |