プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

飛び石連休の中盤。
みんなはどう過ごしているかな?
私はお孫ちゃんとディズニーの「アナと雪の女王」
の映画を見に行ったよ。

今日はこの映画のてん末を話すね。

うちに帰るなり私はすっかり
雪の女王。
玄関をあけて大きな声で
口ずさんだよ。
「ありーのーままのー 姿見せるのよー♪……」

部屋を行き来して、
どこかのドアを開けるごとに
「ありーのーままのー 姿見せるのよー♪」

聴いてる家族はこの音痴で音程の狂った私の歌声に
くさってしまったようで…。
どうしてかというと
音痴なだけでなく
次のフレーズが浮かばなくって
そのワンフレーズだけを
叫んでいたからです。

なんせ、ミュージカルの歌「Let It Go~ありのままの~」が
耳にこびりついてはなれないんだよね。
音楽が人にあたえる影響って大だね。

この映画は歌だけでなく
映像がとても奇麗でした。
氷と雪のブルーの世界が何しろ幻想的で
なんて美しい世界を見せてくれるんだろう、と……。

アナと雪の女王のパンフレットから
いくつか印象に残ったシーンを
ピックアップするね。

アナ01

アナ02

アナ03

アナ04

多分みんなも見てる人がいるんじゃないかな…?

次回のアートセラピー講座で
一番初めに多分また私は大きな声で
両手を広げて
「ありのままの 姿 見せるのよ♪」って
迷惑おかまいなしに歌うことから
始めそうです。
すいません。いつもみなさんにご迷惑をおかけします。

それでは、またね。
「ありのままの……♪」

こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

3月、卒業の時期を迎え、
町には着物や袴姿の女性がさっそうと闊歩しているね。
すごくビューティフルだね。
私もあんな若い頃があったんだって……
複雑な気持ちで~~~す。

オーロラも3月でアートセラピー・インストラクターコースをはじめ、
続々と卒業生を迎えています。
おめでとう。
そしてみんな、いい感じだよ。

さて、私はお孫ちゃんたちが春休みに入ったので、
お孫ちゃんたちと一緒にお出かけしたよ。
葛西臨海公園の大観覧車に、
主人とお孫ちゃんたちと乗った時のエピソードをシェアするね。

この観覧車は日本最大の大観覧車で高さは117m。
すごく高い。
風があると、ゴンドラがゆらゆら揺れて
スリリングなこと間違いなし。
高所恐怖症の人は、多分乗ると緊張で一キロは痩せるよ。

能書きは言ったものの実は私も高いところが苦手。
お孫ちゃんたちのために我慢して、この観覧車に乗りこんだのでした。
ゴンドラの扉が閉まったら最後。
私はドアの取っ手を固く握りしめ、体は硬直状態。
生きた心地がしない17分間。
「こわいこわい」と
叫んでいる私に3歳のお孫ちゃんが、
「おばぁ!がんばらなくちゃだめだよ!
こわくないよ!」と
私を睨んで何度も言うのです。
まるで母親に言われている口調そっくりに……。

6歳になったもう一人の孫は、私を気遣い
そっと私の手を握り締めてくれたのですが……。
反対に、孫の手に私がしがみついて……。
「痛いからやめてよ」と
孫が怒鳴るほどでした。

やっと地上に着いたときは、
精根尽き果ててへなへな。
孫を楽しませるために
すごい自己努力だと、自分で自分をほめた次第でした。
そして緊張がとけた私は
その後レストランでいつもより多めに
ふわふわオムレツとデザートを食べてしまい、
せっかく痩せれるチャンスを
この日も逃したのでした。

それでは、またね。愛をこめて。


観覧車
こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

2月18日、義理の母「りんちゃん」が、
この世を去りました。
21日、22日、たくさんの人に囲まれて
盛大な葬儀が終わったところだよ。

りんちゃんについては、
以前ブログで紹介したことがあるね。
享年95才。誕生日の前日の旅立ちでした。
最後は肺炎だったけれど、
亡くなる前11年間は、ベッドに寝たきりで、
家で介護をしていたんだよ。

りんちゃんは、今の「八百金加藤商店」の土台を
作った人でね。
若い頃、夫と一緒に、リアカーに野菜や果物を積んで
売り歩いたところから始まったんだよ。
子どもをおんぶしながら歩いたそうだよ。
大変だったろうね。
そして、今の平井駅前に居を構えることができたんだよ。

りんちゃんは、働いて、働いて……
だから、彼女の手はいつもひびとあかぎれでごわごわ。

私とりんちゃんとの関係は、嫁と姑の関係だったけど、
決して、私の悪口を言ったことがなかった。
「お前は、私の娘になったんだよ」
って、結婚したとき言ってくれた。
今思うと、りんちゃんは完全な私の理解者だった。

さて、話は11年前にさかのぼるね。
ちょうどその頃、りんちゃんはアルツハイマーを発症しはじめた。
夫を亡くした直後で、さみしかったんだろうね。
私の家のカギをこじ開けて、夜となく昼となく勝手に入ってくる。
私は、それが苦しくてね…それで、ある日、扉にチェーンをかけた。
入ってこられないように…

りんちゃんは扉をどんどんたたきながら、
「どうしてお前は、扉を閉めるんだい。冷たいね。どういう仕打ちだい!」
…そして、その日以来、りんちゃんは寝たきりになった。
あの日の光景がまざまざとよみがえってくる。

今は、それがアルツハイマーという病気のなせる技と理解できるけど、
あの当時は、とてもそう思えなかった…
そして、その時以来、
義母に対する大きなわだかまりができちゃった…。

介護もやるべきことはやった。
だけど、心はどこかドライで、
りんちゃんに対して、どこかクールにとらえちゃう自分がいた。
そうとわかっていても、
そのかたくなな塊は、自分ではどうすることもできなかった…。

りんちゃんがなくなる2週間ほど前、
オーロラのHPに載っているロータス・プログラムのシェア
『義理の母は私だった。私は義理の母が大好き』を読んだんだ。
そのとき、思ったよ。
「私にも、その時がきた!」って。
義理の母と私、嫁と姑。

私は今まで、りんちゃんに「ありがとう」って
言ったことがなかったけれど、言ってみようと思った。
病床で苦しそうに寝ている義母に、勇気をふりしぼって…
「…ありがとう…」

次の日の朝、心が溶けていくような感じがした。
りんちゃんに対して閉じていた扉が1つ開いた。
心の扉は1つ開くと、次々と全部開いていく。

そうしたら、わかった。
あの当時、りんちゃんは私に救いを求めるために、
鍵を開けたんだって…
「りんちゃん、ごめんね。いい嫁じゃなくて。
りんちゃんのこと大好きだよ」
りんちゃんにしっかりと伝えた。

りんちゃんは苦しい息をしながら、
「わかっているよ」って…。
もう目を見開くことはなかったけれど、
そう答えてくれた気がした。
そして、私の中にあった嫁と姑の確執がすべて溶けていった…。

りんちゃんが生きている間に伝えられてよかった…。
そして、この言葉を伝えるために、
りんちゃんは頑張って、待っていてくれたんだって思った。

私、初めて、りんちゃんの娘になれたよ。
たくさんのありがとうが、
私のハートから生まれて胸がいっぱいになった。

病室には、私とりんちゃん二人きり。
私は、りんちゃんの大好きな歌
「海」「ふるさと」「みかんの花咲く丘」を、
愛を込めて歌ってあげた。
そしたら、りんちゃんの目に涙がこぼれた。
びっくりした。
だって、りんちゃんの口癖は
「私は泣いたことがない。どんなときでも、涙が出ないんだよ」
だったから…。
うれしかった。
りんちゃんにすべて許してもらった。
そして、許しあえたと思った。
私も涙、涙、涙で声がふるえ、歌いながら泣いた。
りんちゃんは、もう開けることのできない目で泣いてくれた。

そして、次の日、
りんちゃんは、家族に見守られ、眠るように息を引き取った。
りんちゃんの真っ白い髪の毛にかわいいお花をかざってあげたくて
白とピンクのお花をプレゼントした。
花嫁のように美しかった。

告別式の日の朝、夢を見た。
大海に、七色の光輝くいくつもの虹が出ている夢。
りんちゃんは、きっと虹を渡って、天国に行ったんだね。
私、初めて、りんちゃんの娘になれたよ。

最後に、りんちゃんの写真をみんなにシェアするよ。
みんなも祈ってね。

りんちゃん2

では、またね。
愛を込めて。



あけまして、おめでとうございます!

今年も、みなさんからたくさんの年賀状やメールを
いただきました。
ありがとう。

お正月は、みなさんはどう過ごされましたか?

ちなみに、私は、主人と亀戸天神に初もうで。
てんやの天丼、味噌汁つきの500円のセットを
二人で食べて、し・あ・わ・せ!

新年の始めのごあいさつとして、
パステル・ルームの先生の年賀状を紹介しますね。


年賀(小林)
小林直子さん

年賀(豊田)
豊田敦子さん


そして、オーロラからの年賀状です。

年賀(オーロラ)

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

Epson_0351_1.jpg

加藤るり子作、うまのつもりです。
今年も、みなさんにとって、素晴らしい年になりますように!

では、またね。
愛を込めて

こんにちは、加藤です。今日もお邪魔しますね。

今日は、まず写真を見せちゃうね。
さて、これは何でしょう?

1胆のう

内臓2

実はね…連休明けのこと。
食べ過ぎて、久々にお腹痛くなっちゃったんだ…
吐き気と痛みと…
で、近くの病院へ。

さっそく、内臓の状態をみるために
造影剤を飲んで精密検査。
この写真は、そのとき撮った私の内臓。
先生に許可を得て、写メで撮っちゃった。
だってね、かわいいでしょ?

私自身は、鍼灸の勉強をしたとき、
実際に解剖もしたんだけど、
ホントに、内臓ってきれいなんだよね。
それぞれの臓器に色があって、
生き生きとしているんだよ。
この写真はそこまではいかないけど、
それでも、きれいだったね。
すっごい感動したので、みんなにもシェアするね!
きっと、その感動は伝わらないと思うけど…。

でも、この腹痛で、
身体のこと、気をつけなくちゃって
つくづく思ったよ。
お腹痛いの…嫌だものね。

私は、今まで元気で、ほとんど病気しないから、
バクバクバクバク食べていたかも…
特に好きなのが、炭水化物。
パン、ラーメン、やきそば、たこやき、お好み焼き、パスタにピザ(^^v)
それに、甘いもの。
ハーゲンダッツのアイスクリーム最高!!
シュークリーム、あんこ、クッキー、おせんべに羊羹…etc、etc
羊羹って言えば、虎屋の「おもかげ」は最高だね!
黒砂糖風味だよ。
食べ物の話は、にんまりしちゃう…ヘヘヘ
これだものね…しょうがないよね。

でも、どうぞ私に持ってこないでね。

…ということで、
お腹を痛くした私は反省の日々を送っています。
「みなさんも、体調には気をつけてね」
あ、でも私がそんなこと言えないね……ウフ

でも、これで、体重が減るかしら?

それでは、また
愛を込めて

 | BLOG TOP |  NEXT»»