プロフィール

オーロラ・シャクティ

Author:オーロラ・シャクティ
オーロラ・エナジー日記にようこそ!
瞑想と家族を愛し、セラピストとして豊かな経験を持つBodhini(ボディーニ)と、その仲間 Jnana(ニャーナ)の日々の出来事です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

11月の初めに神楽坂でグループ展がありました。
そこに参加された方の作品を紹介しますね。

浜松さん

すごい作品だね。
どきっ!とか、はっ!とか、心の奥に響くものがあるよね。
この作品を作ったのは、浜松良恵さん。
オーロラの卒業生だね。

なんで、はっとしたかと言うと、
いきいきと、そして、迫ってくるものがあったんだね。
描いている内容は、木とからみつくヘビ。
とてもシンプルなんだけど、
そして、色も、ほとんど2色くらいしかないのに…。
何度見ても、どきっとしちゃうんだね…。

みんなは、どう感じたかな?
中心からゆらがないこの作品に、
私は、自信と喜びを感じたよ。

オーロラに関わった当初の彼女を思い浮かべると、
なんと堂々として、自信にみなぎっていることか!
いくつもの自分の限界を食い破り、
高みへと成長していったんだね。
本当に、よくやった、と感慨深くなってしまう。

この展覧会で、「ふしぎで賞」という賞を取ったと聞きました。
おめでとう!

すごい、すごい!
真っ暗闇の深さから突如あらわれる巨木とまきつくヘビ。
「ふしぎ」という言葉にピッタリだね。

それと同時に、この絵は、
日本人の感性とちょっとかけ離れたところがあるね。
もし、過去世というものがあるのなら、
前世は、外国人であったかも…。
だから、人と距離を感じたり、
人からも誤解されやすいこともあるかもしれないね。

アラビアンナイトを連想させる
異国情緒のあるこの作品に、
彼女の大地的な太さと強さを改めて感じました。
そして、彼女の魂のルーツを垣間見たようで、
感動!

深く深く、自らの創造の源まで下りていくと、
そこから、生きている絵を生み出せるよ。
みんなも描いてみてね。

それでは、また!
愛を込めて。


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

今回は、「アートセラピー・テクニカル・コース」で
ビジョン・コラージュ療法をやったよ。
自分の夢や、こうなりたい自分を絵に描くと
実現しやすくなるんだね。

今回も、
すてきな作品ができたので紹介するね。

コラージュ(寒河江)

ちょっとセクシー。
もっと美しくなりたいのかな?
もともとあなたは美しいよ。
そして、夢は実現できるよ。


コラージュ(浅野)

幸せそうだね。
そして、女の子の夢やあこがれが描かれているね。
結婚へのあこがれ。
必ず自分の手につかんでね。
幸せになぁれ。


コラージュ(嶋﨑)

大自然にあこがれてるのかな?
自分の本当のナチュラルさを探しているんだね。
いつもナチュラルでいるためには、
人と比較しないこと。
自分を責めないこと。
そして、いつも喜んでいること。


コラージュ(小塚)

普通の当たり前の幸せを求めているんだね。
素直になってね。
素直になると、幸せはそこにあるよ。


コラージュ(浜松)

盛りだくさんだね。
真実はとてもシンプルで単純だったりするよ。
妙に複雑にしなくても、大丈夫だよ。
自分に正直でいてね。
人は、愛されるために生まれてくるんだよ。

さてさて、みんなはどんな人生のビジョンを絵に描きますか?
良い夢を実現してね。応援してるよ。
それでは、またね。


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

さて、今期も
「アートセラピー・インストラクター・コース」と
「アートセラピスト通信養成講座」で
グループ制作の「天国の絵」が誕生したよ。
まずは、紹介しちゃうね。

天国35-2

天国35-1

天国35-3

天国35-4

天国35-5

今回の作品は、一人の人が制作したみたいだね。
同じ傾向に見えるね。
おもしろいね、
制作したグループの人たちも、そして、日時も違ったりしているのに…
きっと、一つの大いなる自己が制作したんだね。

微妙に違っている5つの作品、
あなたは、どれが好きかな?
じっくり味わってみてね。
それでは、また!

愛を込めて

追伸: オーロラ30周年記念ワークショップ
 「親や教師、保育士のためのチャイルド・アートセラピー」が
 開催されます。
 日時は、10月7日(土)午後1時~6時
 即、実践できて、役に立つ絵の返し方を学びます。
 ぜひ、参加してね!

こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

オーロラは、来年30周年を迎えますが、
つい先日、3才のときに、
オーロラの子ども絵画教室パステルルームに通っていた
中西さわちゃんが訪ねてきました。

彼女は、当時3才。
今、33才だから、30年ぶりの再会だったよ。

彼女は、東京芸術大学を卒業し、彫刻家になり、
中学や高校で、絵の先生をしているんだよ。
近々、フランスで作品展をするそうです。
まずは、彼女の彫刻の作品をシェアするね。

さわ1

さわ3

さわ8

さわ4

繊細でユニーク、何ともかわいらしい。
そして、見ていると楽しくなってしまう…
すてきな作品たちだね。

この再会のきっかけをつくってくれたのは、
近所に住んでいる彼女のお母さんが
「さわは、オーロラの絵画教室の先生になりたいといつも言っている」
と、教えてくれたことだよ。

パステルルームに通ってきていた頃のさわちゃんは、
絵が好きで、いつも描きたいものがあって、
どんどん絵を描いていく子どもだったよ。

今回の再会で何よりうれしかったのは、
彼女が言った次の言葉だよ。
「当時の先生たちにも出会え、
私を覚えてくれていたことも、もちろんうれしかったですし、
先生たちの表情から当時の私をかわいがって
見守ってくれていたのをひしひしと感じて、
愛を感じました。

オーロラで、のびのびと描かせてもらっていたから、
私は絵や美術を思い切り好きになれたんだ」
パステルルームでの体験が原体験になっていたんだね。
私も、とてもうれしいね!

これからも応援するよ!
がんばってね!

それでは、また!
愛を込めて


こんにちは、加藤です。
今日もお邪魔しますね。

さて、まずは質問!
子どもの頃、空を飛びたい! って思ったことある?
きっと飛べるに違いない…なぁんて、
空を飛ぶ練習をしたのある人もいるかもね。

今日、紹介する作品は、
そんな子どもの頃の夢を、そのまま絵に描いているよ。
彼女は、オーロラのアートセラピーの受講生なんだけど、
ずっと、絵を描いてきた人だよ。
まずは、作品を紹介するね。

関川1

関川2

関川3

関川4

どう?
おもしろい世界でしょ?
うれしくなっちゃう。

なんともシュールで、
だけど、哀愁があるんだね。
作品を見ているだけで、
物語のストーリーが展開し、絵本になっちゃう。
「おはなし、はじまり、はじまり…」ってね。

彼女の作品をもっと見たい人は、
次のアドレスを訪ねてみてね。
楽しく、ファンタジックな作品がいっぱいだよ。
http://paint-poet.com/openheart/gallery/

それでは、またね!
愛をこめて

追伸: オーロラは、12日~16日まで夏休みをいただきます。


 | BLOG TOP |  NEXT»»